本日 343 人 - 昨日 579 人 - 累計 1389838 人

放射能測定検査の結果報告に関しまして

放射能測定検査はセシウムの定量になりますが結果報告に関しましてよく質問を頂きます。

よくある質問をわかりやすくQ&A方式でまとめてみました。

Q1:今回の結果は定量下限値未満と言う事でしたが一般的に言われる不検出と言う意味でしょうか?

A1:定量下限値未満は検査内容により違います。例えばB検査の場合は下限値が3Bq/kg、C検査の場合は下限値が1Bq/kgとなりそれぞれの数値未満の場合に『定量下限値未満』の表記になりその意味はそれぞれの下限値未満の濃度で含まれていたとしても正確な濃度はわからないと言う意味です。つまりそれ以下の濃度でセシウムが含まれている可能性があると言う事です。
不検出はイメージとしてセシウムがまったくないと解釈されかねない為にあえてこの表記にしています。


Q2:結果は定量下限値未満でしたがCs-137のピークありとの明記がありましのでその以下の数値でも表記の数値程度あると考えたほうがよいのでしょうか?
A2:A1で説明させて頂いたように下限値未満の濃度で含まれていたとしても正確な濃度はわかりませんが注意をうながす意味であえて明記させて頂いております。それ以下の濃度でセシウムが含まれている可能性がピークがないものより高いです。

Q3:添付のスペクトル表の基本的な見方を教えて下さい。

A3:検出の場合、そのセシウム汚染が福島第一原子力発電所事故由来であればいわゆるセシウム3兄弟のピークが現れます。Cs-134:604Kev、Cs-137:662Kev、Cs-134:796Kevがそれです。
測定は2Kchで行っていますが表示は1Kchにしていますので半分の位置にピークが出ます。例えばCs-137:662Kevのピークは半分の330付近にきます。Cs-137のみ検出の場合もあります。下図の例はセシウム3兄弟があります。

DI1019-3h.jpg
クリック↑拡大

Q4:パソコンが苦手なので電話で申込したい。結果報告は書類で送って欲しいが可能か?

A4:もちろん可能です。基本的には結果はメールでお送りしておりますが結果報告はスペクトル表と下図の見本のフォームで試験成績書としてメール便にてお送りする事も可能です。(手数料、送料として別途300円)
検体袋をまずはお送り致しますのでお名前、〒番号、ご住所、連絡先等の必要事項を教えて頂き、検体につきましてはお気軽にご相談下さい。

testingdata.jpg
クリック↑拡大

Q5:定量下限値未満でしたが数値をみるとマイナス表示になっています。
この意味は?

A5:バックグランドより低いとマイナス表示になります。定量下限値未満なのでそれ以下の数値で含まれていていたとしてもやはり正確な濃度はわかりませんがQ2のセシウムピークがないものより更に低い可能性が高いです。

市民によるセシウム測定は重要です。
300倍毒性があるストロンチウムはほとんど測定されてません。
だから比較的測定が容易なセシウムを出来るだけ低い数値まで測定する事が重要なのです。

しかし現状は詐欺まがいな測定も横行しています。
ゲルマはNaI(Tl)より感度が悪いので長時間の測定が必要にもかかわらずたった1,200秒足らずの測定で1Bq/kg以下NDの表記を実際にみました。
しかも検査に数万円もかかりスペクトル表すら出さない検査表でした。
測定所に検査を依頼する時は必ずスペクトル表を出してもらえるかどうか確認して下さい☆
出せないと言うところは限りなく怪しいです。
NaI(Tl)などを使用している測定所はセシウムの定量下限値はおおむね20Bq/kg程度です。
スペクトル表でセシウムのピークが出ている事を確認して下さい。
ピークをみて確認出来るのはせいぜい10Bq/kgが限界です。

NaI(Tl)のメーカーが発表している下限値はあくまでも理論値で実測値ではありません。

セシウムの定量下限値について

測定にはゲルマニウム半導体における測定の指針、原案を作られた40年以上その道一筋のプロ中のプロの技術者が弊社が販売店をさせて頂いている(株)シンメトリックス社のiFKR-ZIP-Aを使用しています。

*測定下限値は実測値です。


mFKRは測定下限値3Bq/kg(セシウム総量)で税込928,800円→税込み900,000円(2014.10.3現在)

iFKR-ZIP-A測定下限値1Bq/kg(セシウム総量)で税込2,138,400円→税込2,000,000円(2014.10.3現在)

iFKR-ZIP-Pro測定下限値0.1Bq/kg(Cs-137)で税込3,780,000円→税込3,650,000円(2014.10.3現在)

で特別価格で販売中です。

測定器に関する質問もお気軽にご連絡下さい!


電話でのお問い合わせもお気軽に☆   電話03-5629-6977



前の記事
次の記事