本日 563 人 - 昨日 554 人 - 累計 1598039 人

iFKR-ZIP New ADC MCA比較

次世代のiFKR-ZIP-A(Advance)と旧タイプiFKR-ZIPの分解能の違いを検証してみました。


旧タイプでも十分に高性能ですがiFKR-ZIP-A(アドバンス)は、MCAに新しいバージョンのADCを搭載した基盤になり、微分非直線性とローノイズで、低エネルギーの分解能が1%程アップし、温度安定度は
従来の10ppmから3〜5ppmにアップしました。


実際に同じBG40時間の測定での生データを比較してみました。

比較15hBG.jpg
*40時間 左:旧タイプ 右:新

データスムース比較BG.jpg
*データスムースをかけた40時間 左:旧タイプ 右:新
クリック拡大↑

微分非直線性も上がりK-40の1462Kevあたりのピークもより明確になっております。
長時間の微量の汚染を追い込む為により有利になります。

デジタルMCAは、原理的に微分非直線性を保証出来ません。
検出器からランダムに出る鋭い立ち上がりのテイルパルスを高速のADCでデジタル化しています。
放射線のランダムなパルスとAD変換のクロックは同期していませんので、同じ信号でもAD変換のクロック周期でデータがふらつく事になります。
コスト的にはデジタルMCAの方が圧倒的に有利な為、殆どのメーカーはデジタルMCAを使用していると思います。


iFKR-ZIP-A(Advance)は高性能アナログMCAを使用し、微分非直線性が格段に優れて、低エネルギーから高エネルギーの広いレンジで分解能を保証出来るGe(Li)検出器用と同じMCAです。

測定器は検出器とMCAの性能、ノイズ対策など総合的なバランスでその性能が決まります。

更に進化したiFKR-ZIP-A(アドバンス)を是非、他社製品と比較検討してみて下さい。

ご紹介キャンペーン開催中ですがご紹介者がいなくてもご購入者様へは
特別10万円の値引き中です。
2014年1月31日まで

*参考  iFKR-ZIPの微量放射能測定の可能性について