本日 298 人 - 昨日 439 人 - 累計 956402 人[サイトマップ]
  • アンケート
  • 食品中のセシウムは何ベクレルまで許容出来ますか?
    1Bq/kg未満
    3Bq/kg未満
    5Bq/kg未満
    10Bq/kg未満
    30Bq/kg未満
    50Bq/kg未満
    100Bq/kg未満
    コメント:[投票せず結果を見る]

KH-EL25

  1. HOME >
  2. KH-EL25


EL25(NAIシンチレーション式)ガンマ線測定器による測定結果

画像

固形または液状食品の品質検査等で、放射線物質の汚染の有無を調べる際に2000〜4000チャンネルのマルチチャンネルアナライザーによる核種判別が可能な測定システムは、あまりに高価で重装備です。

食品などの試料に含まれる核種を判別出来るマイコン掲載小型線量計EL25は実用的なモニタリングに必要な機能と性能を備えながら、低価格で携行可能な為、移動も容易です。
メインメニューは暗唱コードで保護する事が出来ます。

概要
*Nalシンチレーション式の食品と水用のBq(ベクレル)測定器です。
*コンパクトな設計なので設置場所に困りません。
*総量がCs-137、I-131と仮定した場合のBq(ベクレル)値を表示
*約10m/m厚の鉛の遮蔽パイプボックス内に試料を入れ測定します。
*測定対象は野菜、肉類、魚類、土壌、牛乳、水等。
*表示単位:Bq(ベクレル)Bq/Kg(ベクレル/キロ)Bq/L(ベクレル/リットル)CPS
*検出下限値:Cs-137 1,000秒  46.7Bq/L、18.7Bq(下グラフ参照)
*注)BGにより変化しますので検出下限値は約50Bq(ベクレル)程度とお考え下さい。
*放射線核種の判別は出来ません。(γ線のみを測定)
*測定時間:試料〜999秒 (任意設定可)
*12V電源アダプター/単三電池×2
*本体サイズ:D175×W200×H230m/m
*重量:約6.8kg (本体のみ、コード類、電池含まず)
*試料入れプラケース400cc×2個付。

販売価格:300,000円 (税抜き、限定1台)
*値下げしました。


セール中25万円(2014年3月末まで)

デモ器もございます。
試しに使ってみたい方はレンタルも致しますのでお気軽にご相談下さい。

 

*即納可能です。
*日本語マニュアル付き
*保証内容はメーカー(ドイツ)規定に準じます。
*修理の場合のドイツへの往復送料は実費になります。
*国内到着時に簡易的な検査を行いますが万が一初期不良がございましたら7日以内にお申し出下さい。
*修理等につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
*測定した数値でいかなる被害が発生しても弊社で責任を負う事は出来ません事をご了承下さい。








下記画像が改良モデルです。(平成24年5月7日現在)

画像
画像
画像


EL25ベクレルモニターでの測定に関しまして

EL25は操作が簡単なので精密検査の前段階の簡易テストには最適です。
手作り遮蔽箱などで出来るだけ費用をかけずに検出限界を上げるよう日々努力しております。
精密検査の前段階の測定としましては検出限界10ベクレル程度は有意義だと思います。
政府の基準値は高過ぎます。
フクイチの事故は現在進行形です。
未だ一時間あたり10億ベクレルの放射性物質が出ていると言われています。
レベル1の事故が毎日、起こっている計算です。
人々の放射能に対する関心は薄れてきていると感じますがこれからがもっとも
内部被曝に気をつけなければならない時期です。

食品にはK-40が多く含まれている場合があります。
K-40の影響を正確に加味するにはスペクトル分析が必要です。
また、土壌測定につきましてはフクイチの事故前から各地でCs137などの核種も 検出されておりますのでフクイチ由来を同定する為にもスペクトル分析が必要に なります。
フクイチ由来の汚染の判断基準としまして半減期が2年のCs134とCs137が同時に 検出される事で判断出来ます。
土壌汚染など各地の衛生研究所などによる1957年からの膨大なデータがあります。
こちらでフクイチの事故前に核実験やチェルノブイリの事故でどのくらい汚染されていたかを知る事が出来ます。
http://www.kankyo-hoshano.go.jp/kl_db/servlet/com_s_index

トップページの『データを活用する』→
『環境放射線データベース』→
『身の回りなど一般環境』で
調査対象や地域、カテゴリ、調査核種などを絞っていけば欲しい情報に辿りつけます。

その情報との比較でほぼ推定する事は可能です。

また下記の換算式による推定が可能です。
換算式は信用のおける測定機関、ユーロフィンジャパンでゲルマニウム半導体との測定値と 比較検証を行っております。

1年 1:0.74とするセシウム総量:
EL25がCs137として表示する数値÷1.64

Cs134 セシウム総量×0.43
Cs137 セシウム総量×0.57

1年6ヶ月 1:0.68

EL25がCs137として表示する数値÷1.6
Cs134 セシウム総量×0.4
Cs137 セシウム総量×0.6

2年 1:0.62

EL25がCs137として表示する数値÷1.57
Cs134 セシウム総量×0.38
Cs137 セシウム総量×0.62

2年6ヶ月 1:0.56

EL25がCs137として表示する数値÷1.54
Cs134 セシウム総量×0.36
Cs137 セシウム総量×0.64

3年 1:0.51

EL25がCs137として表示する数値÷1.51
Cs134 セシウム総量×0.34
Cs137 セシウム総量×0.66

3年6ヶ月 1:0.46

EL25がCs137として表示する数値÷1.48
Cs134 セシウム総量×0.32
Cs137 セシウム総量×0.68

4年 1:0.43

EL25がCs137として表示する数値÷1.45
Cs134 セシウム総量×0.3
Cs137 セシウム総量×0.7

4年6ヶ月 1:0.4

EL25がCs137として表示する数値÷1.43
Cs134 セシウム総量×0.29
Cs137 セシウム総量×0.71

5年 1:0.37

EL25がCs137として表示する数値÷1.41
Cs134 セシウム総量×0.27
Cs137 セシウム総量×0.73

市民レベルで出来るだけコストをかけずに正確な測定が出来るように努力して行く事が これからもっとも重要だと思います。

ユーザー様に出来る限りのサポートをさせて頂きますので是非、ご検討をお願い致します。

EL25関連情報更新遍歴

最新更新日2013年6月27日 検出限界(クロスチェック)

2013/6/27
2013/6/1
2013/5/27
2012/12/1
2012/9/22
2012/7/4
2012/7/3
2012/6/29
2012/6/25
2012/6/21
2012/5/14
2012/5/7


EL25用遮蔽箱 

本体をすっぽり覆う鉄製の遮蔽箱です。
9m/m鉄板使用で外寸220(D)×240(W)×260(H)で約20kg

こちらは東海アマさん(岩瀬浩太様)がEL25ユーザー様向けに
手作りして頂いたもので受注生産で販売させて頂きます。
価格は25,000円(税込)です。
*BGを約3割軽減(地域により異なります)しますのでより精度の高い測定が可能です。

*お振込先は受注時にメールにてお知らせ致します。

*作成期間は状況により異なりますので受注時にお知らせ致します。
 


S.E.A.(ドイツメーカーサイト)