本日 19 人 - 昨日 505 人 - 累計 1533776 人

iFKR-ZIPとEL25クロスチェック

iFKR-ZIPで測定した汚染されたお米、320g(160g×2)はCs-13Xで25.8Bq/kgでした。

zip:20bq.JPG


こちらをもとにEL25でこの程度の線量でどこまで近い値が出てくるかチェックしてみました。

まずは320gでBG20分、試料10分の2回の測定


1回目 24.5Bq/kg
2回目 20.9Bq/kg

el25a.JPG
el25b.JPG


今度は160gのものを同じくBG20分、試料10分の2回の測定

1回目 6.19Bq/kg
2回目 4.5Bq/kg

el25c.JPG
el25d.JPG

さすがに感度不足か試料が少ないと低くでます。
EL25では何も遮蔽しないとかなり数値がバラツキ苦労しましたが遮蔽を強化するとおおむね10Bq/kg程度までは測定出来るのではないでしょうか。
EL25では2011年の秋から数多くの検体の測定を試行錯誤しながらおこなってきましたがNaI(TI)ですので特に冬場の検体などの温度管理が難しいです。
逆に言うと遮蔽を強化して温度管理さえきっちりやれば更に精度を上げる事が出来ます。

ちなみにこちらでのEL25のBGは6cps台後半です。
お客様によってはバックグラウンドはまちまちです。
岐阜の花崗岩が多い地区ですと遮蔽箱に入れてもバックグラウンドは
27、8cpsあるそうです。
4cps台にまで遮蔽を強化して下げている方もいます。
こちらのEL25で出なかったものが数値が出たりしていますので更に精度が高い事は間違いないと思います。
バックグランドを6cps台まで落とせばかなり精度が上がる事は間違いないです。

EL25は癖がある測定器ですが遮蔽を強化してBGを落とせばスクリーニングには十分に使えます。
EL25に関しての測定のノウハウはかなり蓄積しております。
設置場所のBGにより違いますが7cps以下にバックグランドを下げるとカタログデータ以上の精度が出る事は間違いなさそうです。
お客様でとにかくこのEL25で少しでも数値が出たら食べないと徹底されてる方もいらっしゃいます。
微量な汚染ですと外れ値等もありますが数回測定して微量でも出たら10ベクレル程度の汚染がある可能性が高いと思います。


現在、赤字価格の320,000円で販売中です!
これに遮蔽を強化しても40万でおつりがきます。

デモ器もございます。
実際にみて検討されたい方はお気軽にご来社下さい!
導入をお考えの方は是非、この機会にご検討下さい。


(株)シーディークリエーションでは安心な食材や飲料をご提供する為に『越中富山うまいもの直販店』RO浄水器+イオン交換樹脂フィルターで0ppm達成!などの販売も行っております。
RO浄水器は月々3,150円からのレンタル(フィルター交換代、メンテナンス費用含む)も開始しましたのでこの機会に是非、ご検討下さい。

地域にかかわらずお気軽にお問い合わせ下さい☆