本日 306 人 - 昨日 514 人 - 累計 1308314 人
  • アンケート
  • 食品中のセシウムは何ベクレルまで許容出来ますか?
    1Bq/kg未満
    3Bq/kg未満
    5Bq/kg未満
    10Bq/kg未満
    30Bq/kg未満
    50Bq/kg未満
    100Bq/kg未満
    コメント:[投票せず結果を見る]

i FKR-254

  1. HOME >
  2. i FKR-254
i FKR-254_imga.jpgiFKR254_img.jpg
スペクトルサーベーメーターi FKR-254プレミアム版、特別限定販売のご予約を開始致します。
プレミアム版は分解能5%台限定10台となり、野中修二社長が半田付けから組立を行います。
*限定20台のものとは基盤が違います。


iFKR-254土壌測定動画


小型で世界最高レベルの性能を実現した次世代の放射線測定器です。
CsI(Tl)はNaI(Tl)に比べて格段に優れた温度安定性と長時間安定性により測定時間の延長によりさらに高精度な測定が可能です。
高機能4Kch MCAを搭載しています。
2Kchでスペクトルをリアルタイム表示、残りの2Kchのワーク領域でFind機能等を実現しています。
1インチサイズのCsI(Tl)を搭載しています。高感度で有りながら実用的な分解能を持つ新開発の検出器です。通常のNaI(Tl)シンチレーションサーベイメータでは1/2インチの小型検出器でガイガーカウンタと同じカウンタグレイドが主でMCA機能を搭載している機種は国産では有りません。NaI(Tl)の温度安定性などによりまともなスペクトルを取る事が出来ない為数百万円以上の海外メーカー製の物でもK-40での頻繁に校正しているためスペクトルの分解能はCsI(Tl)よりはるかに悪くなっています。
単1×3本、充電可能な二次電池を使用)で動作しますのでNaI(Tl)に比べて温度ドリフトもHVバイアスのドリフトも殆ど無視出来るほどで非常に安定しています。

炭酸カリウムによるキャリブレーション

検出範囲:0.001〜20μSv/h 
本体サイズ:110(W)×180(D)×80(H)m/m
単一(3本)で稼働(充電可能な2次電池使用)
核種特定可能
CsI(T1)1インチサイズ
3.2インチTFTカラー液晶表示
MCAは4Kチャンネル
スペクトルをリアルタイム表示

販売価格:95万円(税別)

*iFKR-254単体でのご使用の場合は2Kchでのご使用をお願い致します。


ソフトウエアの更新やバージョンアップ時の最新情報をいち早くお知らせする為にお客様のお名前、ご住所、連絡先等をメーカーにユーザー登録させて頂く事をご了承下さいませ。


*組立、検品が必要の為に納期は2週間〜3週間程度です。


*詳しくはiFKR-254 & iFKR508

*2インチのiFKR508価格200万円(税別)



PDF.File→ English