本日 134 人 - 昨日 516 人 - 累計 1338490 人
人類史上最悪な福島第一原子力発電所事故は現在も収束のメドすらたっておらず、原子力緊急事態宣言は2011年3月11に発令され解除されていないにも関わらず多くのロボット人間達にとっては既に原発事故は過去のもの。
まだ大量の放射性物質を垂れ流しているにも関わらず。

そもそも思索する能力が小さい頃からの教育と言う名の洗脳、TVなどの洗脳兵器に
より奪われてしまった為に支配者層が考えるようにしか考えられない。

ロボット人間大国
https://ameblo.jp/34yu0422/entry-12395043393.html

『常識』と言う名の洗脳を物心ついた幼い頃から受けてきた人達には残念ながらそれに気がつくチャンスは少ない。

一般的にエリートと言われる人間ほど、支配者層が100年以上前に人々を支配する為に考えたシステムを理解する事は困難だ。

何故か?
幼い頃からの受験戦争で自分が優位に立ったと信じこまされているからだ。
人より少しでも優位にたちたいと考え努力してきたエリートと呼ばれる人々は
自分がいわゆる電通が流行らせた『勝ち組』だと思い込まされているからだ。
学校の教科書に書いてある知識はあっても決して物ごとの本質を考えられない人が
多いのは偶然ではない。

実際はそんな難しい話ではなく、日常生活に毒が蔓延していて、それを見ないようにしたり考えないようにしたりして毒が消える筈がない。
単純だが洗脳されたロボット人間程、本人達は知らずに支配者層に加担している。

水道水に実際に青酸カリの毒性の2,000倍のフクイチ由来のセシウムや更に猛毒の
ストロンチウムなど実際にあっても感情で全否定する。

そんな場面にこの7年間で何度遭遇しただろう。
防衛省にいた友人はかなり危険性を知っていて当初から忠告してくれたが、
知人の東大出のバリバリのキャリア官僚など、被ばく死と交通事故死を比較された
時に正直、こいつ大丈夫か?と思った。

多くの知らない人に少しでも危険を知らせようとして真剣に話すが、多くの人から
『何か悪い宗教にでも入ったのか?』と全否定される事も不思議だった。
そもそも『そんな話し聞きたくない』と感情でまず否定して聞く耳を持たない。

最初はホントに不思議にに思った。何故なんだ?と何度も何度も考えた。


一言で言うと支配者層が考え100年以上実行してきた『教育、常識』と言う名の
洗脳、仕上げはTVなど洗脳兵器。

TVを信じているお人好しの人々は、感情で物ごとを判断する。
TVをほとんどまともに観てこなかった自分にとっては信じられない事だが、毎日TVで同じ顔の人間を観るとその人に感情が移入して信じてしまうようになるらしい。
普通に考えて普段付き合いがある友人などの内面まで知る事はかなり時間がかかる。
クイズ番組では有名大学対決など、権威主義を助長するような番組や、人々の健康を考えたふりした知らないと怖い病状などで恐怖を煽り、人々が興味があるスポーツなどを徹底的に煽る。

放射能汚染が実際にある地域に有名な芸人などを行かせ旬の食材などと言って美味しそうに食べさる。
それだけでお人好しのロボット人間達は簡単にTV教の信者になる(笑)

TVD


過去何度言ってきたかわからないが、実際に毒がありそれを毎日シャワーで浴びたり摂取すればいつか必ず致死量に達する。

その前に体調に異変が起きるだろう事は小学生でもわかる。

食べて応援、風評被害払拭などと言っている奴は正真正銘のバカか、加害者である国と東電の仲間かのどちらか。

悲しい事だが、放射能汚染の現状を話すと全否定する正真正銘のバカが多過ぎる。