本日 262 人 - 昨日 455 人 - 累計 1253389 人
セシウムは青酸カリの2,000倍の危険性、致死量は2,000分の1の猛毒。

セシウムが心筋梗塞や心不全を引き起こすメカニズムは、一価として化学的性質がカリウムと酷似しているので、体内で一番カリウムを必要とする心臓にセシウムも集まってしまい、カリウム・心臓の電気ポンプを生成するメカニズムを壊してしまうからだと言われている。

実際にチェルノブイリ事故10年後に死亡した子供の心筋からは600ベクレル/キロ
のセシウムが検出されている。

*画像右上グラフ参照


data_1
*セシウム100ベクレル/キロは『放射性廃棄物』として黄色いドラム缶に入れられ厳重に管理されていた値。

そして私が首都圏の水道水の危険性を言い続けているのには訳がある。
微量でも毎日摂取すれば蓄積していくからだ。

当たり前の事だが毒には致死量があり、人はその致死量に達すると死亡する。
微量の毒を一度摂取しただけでは何ともないかもしれない。
しかし摂取し続ければやがて致死量となる事は明白。

例えば、千葉県船橋市でシャワー浄水器を半年使用したフィルターの中身を取り出し、測定したセシウムは1,128ベクレル/キロ

参考記事

http://cdcreation.grupo.jp/blog/1887327

しかしカートリッジにセシウムがある程度吸着すると吸着率は極端に落ちる事が実験からわかっている。少なく見積もっても倍以上、実際は2,400ベクレル/キロ

http://cdcreation.grupo.jp/blog/2109779

再度、言うがチェルノブイリ事故10年後に死亡した子供の心筋からは600ベクレル/キロのセシウムが検出されている。子供のが大人より格段に高い数値だ。

『本気で対策しないと死ぬぞ』と過去何度も警告してきた。
これでわからなければ残念だが救いようがない。



2011年3月11日に起きた人類史上最悪な福島第一原子力発電所の爆発により大量の放射性物質が拡散し続け、現在も修復のメドはたっておらず、同日に出された原子力緊急事態宣言も7年が経過した2018年3月現在も解除されていません。
その為に放射性物質の基準値が異常に高い状態が続いています。
食品の現在のセシウム基準値は100ベクレル/キロ、事故前は黄色いドラム缶に入れられ厳重に長期間管理されていた『低レベル放射性廃棄物』です。


Img_11
*クリックで拡大

しかし多くの人達は事故は過去の事だと思い込んでいるのは何故でしょうか?

1.多くの人が情報源として観ているTVや新聞などのメディアが、その深刻な状態を伝えない事が第一です。
 
そして逆にTVでは有名な芸能人などが重度に汚染されている地域などの食材を美味しそうに食べる場面を何度も何度も放映する。
『風評被害、食べて応援』などの1つの単純なフレーズを繰り返し放送する事により気をつけていた人も自分では気がつかないうちに放射能汚染はもう終わった事だと思い込んでしまいます。
 
そして風評被害で福島県の人が傷ついているという事をクローズアップする事により、重度に汚染されている首都圏の人達には人ごとだと思い込ませる。
そして真実を話す人間に対して実際に毒があるにも関わらず多くに人達の感情に訴え風評被害を言うとはけしからんという空気を作る。
 
その事により元々TVや新聞だけを情報源にしていた人達の感情を利用しています。
よく考えて下さい。
今回の大量の放射性物質拡散の加害者は国と東電です。
加害者が被害者同士を対立させる為に大手メディアを利用しているに過ぎません。

 
では何故そのような事をTVは言うのでしょうか?
それは今回の事故の前にIAEAで(国際原子力機関)で、チェルノブイリ事故10年後に既にその方針が決まっていて日本政府もその方針に沿っているからです。
その時に決まった事は『今後また重大な原発事故がおきるのは避けれない、次回事故が起こった時は徹底的に隠蔽する事』というにわかには信じられない方針が決まっていたからです。
そんな事がある筈がないと言う人は調べてみて下さい。
あなたや大切な人の命に関わる重大な事です。
趣味や娯楽に興じる時間が少しでもある方は自分で納得がいくまで調べる事が非常に重要です。



2.まわりの人達はまったく気にせず事故前と同じ生活を続けていること。
 
多くの人の情報源が大手メディアである事を考えるとこれもあたりまえの話しです。
TVだけではなく、本来危険な事を危険と教える筈の学校でも深刻な汚染の現状は決して話しません。
もちろん職場でも放射能汚染問題を話題にする人はほぼいません。
今迄、身に付いた生活習慣なので違和感を感じる事なく普通に生活しています。
まわりの99%の人は言わないし、今迄どうりの生活を続けています。
なぜならば今は何の支障もないように見えるからです。
例えば、実際に放射性物質がある校庭で子供達は今迄と同じように運動します。
野球やサッカーなどのスポーツをやっている風景をごくあたりまえのように見ます。
小さな子供達は公園で事故前と同じように元気に遊んでいる風景も自然に見えます。

自分の視覚かから入ってくる情報は今迄とまったく変わりません。
だから問題の本質を本気で考えようとしません。
放射性物質は何度も言いますが、目に見えず無味無臭です。
よほど高線量じゃなければ即死する事はありません。
しかしこのニュースを見て下さい。
事故では一人も亡くなってない事になっていますが、警察関係者は『死亡後に放射線を浴びて被ばくした遺体もある』と。
どう考えても不自然です。急性被ばくが原因で死亡した遺体もある事は容易に想像がつきます。


DMyj9jNU8AAV6rl
*クリックで拡大
 
そして核汚染の最も恐ろしいところは例え即死するような高線量ではなくてもそれを摂取すれば確実に蓄積して被ばくすると言う事です。



3.多くの人は日本は安全で平和な国だと思っています。

安全神話も大手メディアなどのTVを通じて日々、放映しています。
その為に多くの人は本当に危険なら国民に真っ先に知らせる筈だと常識的に思い込んでいます。
 

命に関わる事は何度も真剣にそして徹底的に自分が納得いくまで調べて欲しいと口がすっぱくなる程繰り返してきました。

しかし多くの人は考える前に感情で否定して、そんな事がある筈がないと思い込むのは偶然ではありません。

気をつけなければならないのは1点です。

自分が住んでいる環境にどの程度の汚染があるのか?
そしてそれが実際にあなたやあなたの大切な人達に実際に及ぼす影響です。

事故で放出している代表的な核種はセシウムです。
青酸カリの2,000倍の毒性がると言われている猛毒です。
セシウムが測定される理由は放出された多くの核種のなかで比較的測定が容易だからです。
原子炉内では1:1の比率で存在するストロンチムという放射性物質はその猛毒であるセシウムの300倍危険な核種だと言われています。
そして24,000年経っても半分にしかならなら人類史上最悪な物質だと言われている
プルトニウムも実際に放出されてしまった事が明らかになっています。

例えば、首都圏の水道水が核汚染されているとはほとんど99%のそこに暮らす人々は知りません。
それもその筈です。例えば東京都は安全で美味しい水としてペットボトルに入れ
『東京水』なるものを大々的に売りに出しています。
ミネラルウォーターとの味を比べるキャンペーンなど何万人もの人を対象に行っています。
しかし現実的には東京の水道水は福島第一原子力発電所由来のセシウム汚染が確実にあります。


多くの人達は感情で物ごとを判断して自ら思索する事を放棄しています。
その事を知っているから私は自分が一番大切な子供達には何とかわかってもらおうと彼らあてのブログを書いています。


生き抜くために
https://ameblo.jp/34yu0422/entry-12359047838.html

生き抜くために(2)
https://ameblo.jp/34yu0422/entry-12361544037.html

私は何故、彼らがもっとも大切な自身の命の事を真剣に考えようとしないかを知っています。
ある人はいくら言っても聞く耳を持たない人には時間の無駄と言います。
しかし彼らがわかってくれる1%の可能性がある限り私は言い続けます。
言い続けないと言う事は自分の一番大切な子供の命などどうでもいいと言っているのと同じだからです。
人生には諦めていい事と絶対に諦めてはいけない事があります。
自分の一番大切な子供さえ守れなかったら人生で最大の後悔をする事が目にみえています。
子供達だけじゃなく一人でも多くの方に気がついて本気で対策してもらう事が本当に大切だからです。


例え、自分以外のすべてのまわりの人が気にしなくても毒を摂取すれば確実に蓄積していき命を削ります。
そのごく単純な事がわからない人があまりにも多い事に危機感を覚えます。
もう一度言います。


大切なのはまわりの人が気にする気にしないじゃありません。
そこに毒があるかないかです。
そしてその毒を摂取するとどれだけ危険かどうかです。

放射性物質は目にも見えず無味無臭です。
しかし測定すれば数値でそれを知る事が出来ます。
是非、現実を見て下さい。
あなたやあなたの一番大切な人の命より重いものはありません。



http://cdcreation.grupo.jp/blog/2109779

2011年3月11日は人生の転換期と言ってもいい程の衝撃を受けた。
そして実際に大きく人生が変わった。

福島第一原子力発電所の爆発の映像は今もハッキリ脳裏に焼き付いている。
何度夢であって欲しいと願った事か。
そして政府の原発の対応を見て多くの疑問を抱いた。
何故?どうしてまともに対応しないのか?
疑問ばかりだった。
そして最も衝撃的だったのはこの記事。

福島第一原子力発電所事故で、政府が避難指示を出している20キロ圏に数千の遺体
。そしてその遺体は線量が高く近ずく事さえ出来ないと。
警察関係者は『死亡後に放射線を浴びて被ばくした遺体もある』と指摘。
と言う事は急性被ばく死した遺体もあるだろう事は容易に想像がつく。

DMyj9jNU8AAV6rl
*クリックで拡大します。


それに危機感を覚え今迄、何十年も続けてきた仕事そっちのけでいろいろ調べ勉強した。
ネットで知り合った東海アマさんからは本当にいろいろ教えてもらった。
2011年4月、その岐阜県の東海アマさんがこちら方面に来る用事があり、寄ってくれるという事で初めてお会いして長時間いろいろ話をして頂いた。
その事がきっかけでこのままではまずいと本気で思った。
多くの人は見えない放射性物質を甘く考えている事がわかったからだ。
今迄、20年以上続けてきた仕事を辞め、ガイガーカウンターやベクレル測定器の販売に更に力を入れる事を一晩真剣に考えそしてそれを実行してきた。

そして放射線の知識がある東海アマさんに講習会の講師をお願いし、多くの人にも放射性物質の危険性や放射線測定を学んで欲しいと思った。
実際に葛飾区や千葉県柏市、台東区、杉並区、世田谷区、八王子などでも講習会を主催させて頂いた。

過去の講習会
http://geiger.grupo.jp/free194426/


そして同時にドイツの知人に連絡を取り、ガイガーカウンターを輸入しようと思った。
連絡したら、今頃何を言ってんだというくらい逆に驚かれた事にショックを受けた。
『日本で起こった原発事故でドイツでは既に大規模な反原発のデモがあり、ガイガーカウンターも通常価格の2倍以上になっている。』と言う。
そのドイツの知人は大きなグループの1つの会社を経営していてたまたま同じグループ会社にSEAというNaIベクレル測定器を販売する会社がある事知り、並行輸入という形で20台輸入した。

そしてβ線も測定出来るガイガーカウンターを何とか国内で作ろうと思ったが肝心のGM管が不足していた。国内で作れる技術をもつルートは作れたが肝心のGM管がなければ話にならない。
そこでやはりN.Y.の知人の知人の大学教授から口を聞いてもらい、GM管では定評があるLND社からLND712とLND7317のGM管を出来るだけ早く数百台輸入して販売させて頂いている。


行政が発表する数値は本当なのか?
とにかく測定器を普及させて、市民で検証する事が大切だという思いで行動してきた。
それと同時に被ばく対策を本気で考えなければならないと言う思いで有名な音楽家のTさんからの紹介で放射性物質が唯一除去可能なRO浄水器の販売を2011年秋に開始した。
そして更に安全性と高めたDIフィルターのオプション設定をする事により水道水に含まれる不純物 ゼロ(0ppm)を達成し販売をしている。


そして大きな転機となったのは2013年の春。
2012年の年末から北海道のある方から頻繁に電話を頂いていた。
もちろんお会いした事もない方です。
その方が言うには茨城県つくば市にあるメーカーの技術は日本でトップレベルなのは間違いない。
とにかく騙されたと思って一度のそのメーカーに東海アマさんと行ってくれと。
2013年たまたま東海アマさんが北海道で講演会をやる事を知っていたので、東海アマさんにも直接その講演会で話をして欲しいと言うとその方は本当にその講演会に行き、東海アマさんに直接話をした。
そして日曜日のある日、そのメーカーに東海アマさんとKさんと私の3人で初めて訪問させて頂いた。
そしてiFKR-254、iFKR-508を初めて見せて頂いた。

iFKR-254、iFKR-508

デモ器として自分でも1台購入させて頂き早速、それを販売させて頂ける事になった。
数値だけではなく、スペクトルとしてCs-134、Cs-137を同定する事が出来る携帯可能なコンパクトで高性能なサーベイメーターに衝撃を受けた。
そして食品や水などを1Bq/kgまで測定出来る新世代の放射能測定器 iFKR-ZIPの販売を開始し、市民測定所や大企業、個人でも多くの方が導入してくれた。
市販の測定器で200万円以下で1Bq/kgの下限値まで測定出来る機種は他にありません。




そして2018年3月、3.11から7年後、従来価格を10%ダウンして性能をアップさせたiFKR-ZIP2の販売を開始しました。

iFKR-ZIP2発売開始!
http://cdcreation.grupo.jp/blog/2104993

私が5年間スペクトル分析を学んできて感じた事は放射能測定は奥が深いですが、試行錯誤して努力すれば誰にでも出来ると言う事です。

残念ながら、事故で放出されてしまった代表的な核種であるCs-137は30年経っても半分にしかならず、300年経っても完全には消えません。
これからも長期にわたり測定を継続させ、行政の値と比較検討し続ける事は本当に大切だと思います。

そして最優先に真剣に考えなえればならないのは被ばく対策です。
3.11から7年経過した現在、多くの人の危機意識が薄れている事に危機感を覚えます。
現在私が最も懸念している事は東北はもちろん、首都圏の深刻な水道水の原発事故由来のセシウム汚染です。
何度も言ってきましたが、セシウムは比較的測定が容易な核種です。
測定結果で一番重要な事はそれが福島第一原子力発電所事故由来のセシウムであるかどうかです。
その影に更に危険な核種が含まれている可能性が非常に高いからです。
ストロンチウムなどはその代表的な核種です。
原子炉内では1:1の比率で存在する核種ですが、実は1987年、チェルノブイリ事故翌年の東京都の水道水のデータを調べたらCs-137に対してSr-90(ストロンチウム90)の数値は8倍でした。

セシウムに比べ300倍危険だと言われている核種です。


ここ数年、水道水の測定を主に行ってきたのは行政データがあまりにも少なく、長期にわたりその実態を知る必要があるからです。
この水道水のデータを真剣に見て本当に安全かどうかを判断して欲しいと思います。
命に関わる事ですので是非読んで下さい。

http://cdcreation.grupo.jp/blog/2109779


多くの人はこの7年間でいかに政府や行政がいいかげんか気がついた筈ですが、残念ながらそもそも考える事が出来ない人達が多くいる事に気がつきました。
ただそれらの人は偶然ではなく、考えられないように仕組まれている事が残念です。

最も大切な自分の命に関わる事を真剣に考え対策する人は本当に少ないと思います。

昔の私は仕事第一で政治などほとんど興味がありませんでした。
世の中の構図も知らず『今だけ、金だけ、自分だけ』を実践してきました。
しかしこの7年で最も大切な事に気がつきました。

このブログは子供達に向け真剣に書いたものです。
是非、読んで世の中の構図をまず知って欲しいと思います。
何故、この世の中の構図を知る事が大事なのか?
そんな事を知ったところで何も出来ないじゃないかと考え人が多いからです。
ほとんどの人はそう考えます。
しかしこの構図の意味を本当に理解出来れば様々な社会毒に対して真剣に対処する人が増えると信じています。
是非お読み下さい。


https://ameblo.jp/34yu0422/entry-12359047838.html


多くの人の優しさに触れられた事で本当の自分を取り戻せた気がします。

だから人類史上最悪の放射能汚染に気がついてない人々に出来る限り伝え続けたいと思います。