本日 248 人 - 昨日 459 人 - 累計 1293222 人

社会毒

2018年02月15日
最近、ユーザーの方より頂いたメールで私もいつも不思議に
思っていたある事に気がつきました。

その方は機会があれば人を選んで放射能汚染の現状について積極的に話題に出されるそうですが、ほとんどの人に全然伝わらないそうです。

化学薬品の危険性を理解して食材や洗剤等にもこだわっている人でも何故が放射能汚染対策だけは抜けているとおっしゃっていました。
私のまわりにも確かにそんな人は多いです。
農薬に注意して食材には拘り、ワクチンの危険性にも気がついているのに何故か放射能汚染問題だけは気をつけようとしない。
農薬や化学薬品その他の社会毒には敏感で人一倍気をつけている人が実際に近い親戚にもいます。
しかし放射能汚染問題だけは不思議な事に避けています。

それは何故だろう?何度も考えました。
私はそれらの人々が何故、放射能汚染問題だけは避けて通るのか最初は理解出来ませんでした。
多くの人はそれは偶然だと考えるかもしれませんが、それは明らかに違います。


何度も繰り返し言ってきましたがTVはある意味最悪な社会毒です。
そのTVの影響は間違いなくあります。
それはTVが故意に作っている世間の雰囲気です。
放射能汚染問題を話す事がまるで悪い事のような空気を故意に作っているからです。
『食べて応援、風評被害』などの言葉を何度も繰り返す、おそらくこの7年近くの間に多い人は何千回も聞いているでしょう。
TVでは有名な芸能人など、放射能汚染が酷い地域に行かせ旬の食材を食べさせる場面を何百回も見せられているでしょう。

そして福島県だけをクローズアップして風評払拭などと言う。
首都圏など現実的にある放射能汚染から目をそらす事が目的です。
加害者が被害者同士を対立させる為に様々な手法で人々の感情に訴える。
それを聞いた99%の人はその時点で思考停止してしまいます。
放射能汚染問題に注意を払う事自体が何か悪い事であるかのような空気を故意に作っています。
小さい頃から何の疑いもなくTVを観ていてもすべてを鵜呑みにする人は実際には少ないと思います。
しかし日常生活のなかでこれだけ浸透してしまったTVを全否定する人はほぼいないでしょう。
自分が好きなスポーツなどを観たり、好きな歌手などの歌を聴いたり適度な娯楽を否定する人はほぼいないからです。


故意にTVが放射能汚染問題を話してはいけないような空気を作っているとはほとんどの人が考えません。
支配者層は人々が感情で物ごとを判断する事を熟知しています。
そこに大きな落とし穴があります。

社会毒はすべて繋がっています。
今のこの国の指導者達を見ればどれだけ酷い事が現実的に起きているかわかる筈です。
メディアは支配者層の為にプロパガンダに専念します。
その事を忘れないで下さい。

多くの人にそれを考えさせないようにするのがTVの最大の役目です。
政治問題も原発問題も根本は同じです。


もちろん真実もガス抜きの為に流すでしょう。
多くの人は日々の生活に必死で、家に帰ってTVを観て息抜きする人も多いでしょう。
新聞などと違い、スイッチをオンすればすぐに思考停止してリラックス出来ます。
首都圏の放射能汚染? TVではほとんどやってないしそんな事がある筈がない。
東京でオリンピックだってやるじゃないか。
多くの人は何の根拠もなくごく自然にそう考えます。

毎日、TVを観る時間がある人はわずかな時間でよいので日々の仕事や娯楽とはまったく異なる事柄のために費やす時間を確保して欲しいと思います。
それを義務化すれば義務を果たすべき時間が奪われるのではないかと考える必要はありません。
毎日、5分だけでも十分です。むしろその5分をどのように使用するかが重要です。
この時間の中で、完全に自己を日常生活から隔離させる。
自分を客観的な観点から見る事が出来るようになる事を意識する事が重要です。

人は非本質的なものにも本質的なものと同じように係わりあっています。
内的平静を持って思考すれば、本質的なものが非本質的なものから区別されます。
その為にも自分を見つめる時間を毎日5分持って欲しいと思います。

実際に首都圏の水道水は福島第一原子力発電所爆発による核汚染があります。
それを故意ではないにしても見ないようにして対策しなければ日々人々の身体を蝕んでいく事は確実です。

現実的にある毒は見ないようにしていても考えないようにしていても決して消えません。
それが現実です。
気がついている人からすればごく当たり前の事です。
しかしその当たり前の事がわからない人が世間の99%だと言う事に危機感を覚えます。
そしてそれが故意に行われている事に恐怖すら感じます。

TVD

バーチャルの世界から抜け出して欲しいと思います。

自分の家族、子供を含め多くの人が仮想と現実との区別が既につかなくなっています。
それは決して偶然ではない事を心にとめて欲しいと思います。

何度もこうして同じような事を書くのは一番わかって欲しい大切な自分の子供達の為でもあります。

多くの気がついた人が自分の大切な子供や孫、この国の将来を担う子供達の為に
声をあげてくれる事を切に願います。

このバーチャルな世界からの脱却は一人一人の気付きしかないと思います。
口コミしかないと思います。