本日 88 人 - 昨日 503 人 - 累計 1161339 人 サイトマップ
人類史上最悪の福島第一原子力発電所事故後に、いろいろ調べているうちに
一番疑問に思った事は『今迄、自分が常識だと思い込んでいた事が何故これほど違うのだろう?』と言う事でした。

過去に何度も書きましたが『陰謀論』それでかたずけてしまえば簡単ですが、そもそも自分が思い込んできた事が常識ではなかったのではないかと言う素朴な疑問です。

身近な例で説明しますと歯医者に行くと必ずと言っていい程に奨められる『フッ素』。
私もフッ素は歯に良いものだと、素直に思い込んでいました。
フッ化ナトリウムは、アルミニウム製錬の副産物であり、大変危険な毒物だと言う事を知っていた人もいるでしょうが、少なくとも私は歯に良いものだと思い込み歯科医が奨めるままにフッ素入り歯磨き粉を長年使用していました。
何故、何の疑いもなく歯医者が言う事を信じたのでしょうか?
大雑把な言い方ですが、人を信じる事が美徳だと言う小さい頃からの教育が原因だと思うのです。
だから何の疑いもなく歯医者が自分の為に言ってくれているものだと勘違いしてしまうのだと思います。
逆に言えば歯医者が患者の身体に悪い事を言う筈がないと言う、何の根拠もない思い込みから、そう信じていたのです。
抗がん剤も同じ構図です。
2014年5月、『WHOが抗がん剤を全面禁止』、抗がん剤を用いる化学療法は、極めて危険性が高く、加盟国政府に全面禁止を勧告しているにも
関わらず、何故一年以上経った今も保険適用になっていて公然と治療が行われているのか?
年間の癌利権は15兆円、国防費の3倍。医者が簡単にこの利権を手放す筈はありません。
まだしばらくは厚生労働省も黙認するでしょう。

前にもどこかで書いたかもしれませんが、クェート生まれのレバノン人の昔の知人から直接聞いた話しですが、その人は子供には
人を信じるなと教育をしていると言っていた事が正解ではないかと思うようになるくらい、調べれば調べる程、世の中矛盾に満ちていると感じました。

人口を削減したい勢力の存在、イルミナティについてもいろいろ調べました。
フリーメーソン、イルミナティと聞いただけでそれこそ『陰謀論』だと言う人もいるでしょう。
いや、99%の人が『陰謀論』そう結論ずけて思考を停止してしまうと確信しています。
無理はないと思います。世界を牛耳っている闇の存在などある訳がないと私もずっとそう思い込んでいましたし、彼らはマスコミなども当然牛耳っているのでそんな事など考えさせないようにします。
お笑い番組、スポーツなど楽しい事のほうに関心を持っていきます。
私もそうですが暗い事を考えるよりいつも楽しい事を考えてたほうが楽です。
だから99%の人は耳が痛い話しは真剣に聞こうとしない事も十分納得出来ます。

放射能汚染問題も本質は同じです。
人間、自分に都合の悪い事は考えないようにする人が多いのは当然だと思います。
かく言う私も人生の大半は自分の耳が痛い事には目を向けず、楽しい事だけ考え生きてきました。

教育、医療、食品、農薬などさまざまな害毒が何故これだけ世の中に蔓延しているのかを考えると、それが本当にイルミナティの仕業なのかは別として、
少なくとも意図的に人々を騙している勢力は確実に存在すると確信するようになりました。
簡単に言ってしまうと、そうでなければ矛盾する多くの事象を説明出来ないからです。

イルミナティの家系の生まれ育ったジョン・パーカー氏に聞く真実(内部告発)
NO.1

NO.2
*3:00分あたりからフッ素というソフト殺人方法について

NO.3
*12分25秒あたりからアジェンダ21と言う少なくとも80%の人類を除去する為のもの

NO.4

NO.5

NO.6


それぞれ15分程度の動画ですが、NO.1から順番に観る事をお奨め致します。
とは言え、私も悪魔崇拝などまったく興味がない部分も多いです。
大切な事は食品などに毒が混ぜられている事や有害な農薬、人を殺す為の医療を故意に行っている事実を知る事だと思います。
本当の権力者が誰であろうとまったく興味はありませんが、世界を牛耳っていいる闇の勢力が世の中を動かしている事は確かだと思います。
人口削減の為にあらゆる手だてを使って、これからも人々にあらゆる毒を与え続けるでしょう。
この事に気がつくと世の中にはびこっている社会毒に疑問を持つようになります。
特に命に関わる事は自分で納得のいくまで調べて出来る限りリスクを回避する事が大切だと思います。

安倍やオバマは操り人形にすぎません。
まず、世界の構図を知る事からいろいろな社会毒に気がつくことが出来るのではないでしょうか。



被ばく対策。

2015年06月01日
被ばく対策について、いつも思うのですが気にする人でもその対策は様々です。
私の例ですが、事故前と事故後の生活が実際にどのように変わったのか改めて書いてみたいと思います。

原発事故により、大量の放射性物質が拡散し確実に健康に対してのリスクは確実に増えたので、せめていままで気にしていなかったリスクを減らす事が大切だと考えるようになりました。
交流がある人達にいろいろ教えて頂いた事もたくさんあります。

思いつくままに書いてみたいと思います。
まず、朝起きて顔を洗うのは0ppmのRO水です。
もちろん事故前は普通に水道水で洗っていました。
歯磨き粉はフッ素入りは虫歯の予防効果もないどころか神経毒として作用し発癌性が高い事を
知り、毎日微量でも摂取するのは危険なので重曹で歯を磨くようになりました。
RO水は飲料水としてもミネラルを補給する為に無汚染の麦茶で飲んでいます。
食器を洗う時は水道水を使いますが、RO水で浸したタオルで食器を拭きます。
お米を研ぐのも、お米に水がしみ込みますのでこのRO水を使用しています。
お米は精密検査してセシウム(Cs-134、Cs-137)合計で1Bq/kg以下のものを食べています。
実際には放射能検査済食品をメインに産地は東北、関東産は避けています。

野菜などは農薬の基準値が世界一甘い事を知り、RO水に重曹を入れそれにしばらく浸しておいて使用しています。
中国産の野菜などは危険だと思っていましたが、まさか日本の農薬の基準値がその中国より甘い事などは知りませんでした。
食品添加物なんかも事故前はまったく気にしてませんでしたが、食の安全に関してこれ程甘い国だとは考えもしませんでした。
とにかく、水と食べ物は出来る範囲で注意したほうが良いと思います。
塩なんかも岩塩に変えたり、砂糖は毒なので極力摂取しないように気をつけています。

石けんやシャンプーなど気にした事がなかったが界面活性剤入りは危険だと知り、ナチュラルな素材のみを使用した石けんに変えたり、今迄気にもしなかった事まで気をつけるようになりました。

無用な被ばくを強いられている現在、他で気をつけて相殺、いや低減させる事が出来ればと思います。