食の安全を考える放射線測定 http://geiger.grupo.jp/ ja 食の安全を考える放射線測定 http://geiger.grupo.jp/ 3.11から7年目 http://geiger.grupo.jp/blog/1689112 人類史上最悪の福島第一原子力発電所事故から早くも6年が経過し、明日でいよいよ7年目に入ります。非常事態宣言は今も継続しており解除とはほど遠く、人類史上最悪のレベル7です。つい最近650シーベルトと言うとてつもない過去最悪の推定値が発表された事は記憶に新しい。浴びれば即死するレベルです。しかし首都圏に住むほぼ99%の人達はその数値の意味すら真剣に考えません。そもそも650シーベルだろうが、100万シーベルトだろうがどんな数値でも彼らは考えていないのだから危機感などある筈がありません。東京でマラソンやオリンピックをやる事がまともだと思っている多くの人々は完全に思考停止していると言っても過言ではありません。しかもそんな人が国民の大多数を占めます。しかしそれは偶然ではないのです。物事は根本から考えないと判断を誤ってしまいます。我々は一般市民であり、権力者じゃありません。私達は『民』であり権力者からおさめられる人々です。権力を持たない大衆なのです。権力者に何もかも自由だと思い込まさ搾取されている存在です。まず、その事を理解しない限りこれから書く事は理解出来ないと思います。まさに『自由は隷従なり』です。6年経った今もセシウムの食品基準値は100Bq/kgです。今迄、何度も書いてきましたが、100Bq/kgは事故前は低レベル放射性廃棄物として黄色いドラム缶に入れられ厳重に長期間管理されてきた値です。*画像はクリックすると拡大します。グラフを見て頂くとわかりますが、チェルノブイリの事例では6年目から比べると7年目の発病数は倍以上になっています。チェルノブイリ10年後に死亡した子供の甲状腺からはセシウム1,200Bq/kg、心筋で600Bq/kgにも達しています。突然死が増えている事は偶然ではありません。以前、突然死の記事を書きましたが、同じ小学校で1ヶ月の間に2人も亡くなる事は普通の事でしょうか。突然死http://geiger.grupo.jp/blog/793765考えないようにしていても毒は確実にそこにあり、人々の体を日々蝕んでいくにも関わらず、あまりにも無関心で無防備な人が多い事が本当にずっと不思議でした。事故から6年間ずっとその理由を考え続けてきたがどうしても理解が出来なかった。なんであたり前の事がわからない人が多いのか?なんで命に関わる事なのに真剣に考えようとさえしないのか?放射能汚染の現状をいろいろな人に話すが、9割以上の人はしかたないと考えているのかあきらめているのか、いずれにしても無関心な人がほとんどでした。無関心の人は例外なくメディアを信じています。無関心な人だけじゃなくある程度気をつけている人もTVでは風評被害、食べて応援など単純なフレーズを何度も繰り返し報道する事で疑問を持っていた人もしまいには頭に自然とすり込まれてしまう。最近はその手法も巧妙になってきた。風評被害がいかに汚染地区の人を傷つけるかなど有名人などをつかって人々の感情を巧みに利用する。加害者が被害者同士を対立させる為にありとあらゆる手段で人々の感情に訴える。支配者層は人々が感情で物事を判断するのを熟知しています。メディアはそのしもべである事は何度も指摘してきました。最近、家族がTVを観てる様子を観察すると会った事もない芸能人などに完全に感情を移入しているのが目につく。あれでは自分の気に入った芸人などが訴えれば簡単に騙されてしまうのも無理はない。毎日TVを観る事により、TVに露出頻度が高い有名人などをわかった気になってしまう事がまず最初の洗脳のステージです。感情移入してしまえば人々に人気がある芸能人などを通してプロパガンダが簡単に行えます。それがそもそも大きな勘違いだと気がついて下さい。普通に考えて何度も会ってる人でさえ、その内面を知る事は時間がかかります。毎日、毎日同じ顔を見る事で知らないうちにその人を知ったつもりになっているのです。どんなに頭が良い人でもメディアを信じている人は同じです。感情で物事を判断し、そもそも考えてないのだから。。福島第一原子力発電所の事件からずっと自分の出来る事を模索してきました。ある人はもう事故は過去の事のように考えており、ある人に汚染の深刻さを話したら『まだそんな事言っているんですか?』と笑いながら言われた。私にとっては本当に不思議な事だが本人にとって原発事故は過去の出来事になっているのです。しかし普通に考えて命より大切なものなどある筈がないのは当然の事だが、その命について真剣に考えない人々があまりにも多い事が私にとっては脅威であり、その理由がどんなに考えてもどうしてもわかりませんでした。私より遥かに優秀な人でさえ、この現実に危機感を持たない理由がいったい何故なのか。アメーバブログにも書きましたが『もの言わぬ羊』をまだご欄になってない方は是非読んで欲しいと思います。http://ameblo.jp/34yu0422/entry-12250544862.htmlそこでも書きましたが友人の一人に私より遥かに優秀な大企業の重役がいます。彼のようないわゆる社会的に地位がある方でも現実の汚染に対してはほとんど関心がない理由がわかったのです。彼は仕事熱心で巨人ファンなのでおそらく読売新聞を購読しています。いや、むしろ読売新聞が流した放射能汚染はデマと言う記事を読んで信じているかもしれません。メディアを何の疑いもなく信じているので彼の世界は事故前とまったく変わりません。TVでも本来人が住んではいけない汚染された地域で有名な芸人などが、普通に地元の食材などを食べているのを何度も目にしている筈です。何度メディアに騙されてもそもそも考えていなければどんなに優秀な人でも危機感など皆無でしょう。小さい頃から徹底的に教えこまれた常識と言う名のプロパガンダが元凶だとようやく気づきました。放射能汚染の実態を話してはいけないような空気はメディアなどが作りだしたものです。そして小さい頃からの常識と言う名の洗脳で人と違う事を言う人を徹底的に排除する教育システムによりまわりの空気を気にして本当の事が話せない人が多いのです。潜在的にはかなり人が放射能汚染を気にしてると思います。しかし現実を見て下さい。まわりの人に放射能汚染を気にしてると知られるのが怖いので話せない人が大勢います。逆に変な事を言うなと言う人もいるでしょう。人に嫌われたくないという思いもあると思います。ツィッターで最近、見かけましたが放射能汚染の現状を大切な友人に教えたら、『うちの旦那そう言うの嫌いだから』って言われそれ以上言う事が出来なかったという投稿がありました。きっと彼女は旦那の機嫌ばかり気にして、疑問すら抱いたりしないのでしょう。そんな彼女も自分では考えたつもりになっていますが、実は何も考えておらず感情で否定してしまう例です。そう自分や家族の命の事すら真剣に考えられない完全なロボット人間です。そんな筈ない、自分の頭で考えて私は行動していると笑う人もいるかもしれませんが、ほとんど90%の国民に共通する事で、それは偶然ではないのです。幼い頃からの教育と言う名の洗脳を受けてきたのですからそう簡単に理解出来る筈がありません。徹底的に教えこまれた洗脳で人々の常識が邪魔しているのです。私が6年間真剣に考え続けやっと導き出した答えをそう簡単に理解出来る筈がありません。いくら真剣に考えてもなかなかわからなかった理由は『常識』という名の洗脳だったからです。国民の90%を『もの言わぬ羊』にする。それが国の教育方針とは夢にも思いませんでした。仕事柄多くの気がつかれた方と話しますが、例えば夫婦でも温度差がありそれを悩んでいる方も大勢います。どんなに説明しようとしても感情で否定されるとか、そもそも話しをまともに聞いてくれないと言うお悩みも多いです。かくいう私も家族とはかなりの温度差があります。いくら言い方を考えて話しをしても聞いてくれない事が不思議でしかたありませんでした。でもそもそも国の教育方針が国民の90%の『もの言わぬ羊』を作る事が目的である事が理解出来れば少しは理解してくれると思います。先程の例じゃないですが、『旦那がそういうの嫌いだから』の一言で毒がなくなる訳じゃありません。考えないようにしていても当然毒は確実にあなたの一番大切な家族の体を日々蝕んでいくのです。あたりまえの事ですが、それが理解出来てない人が国民の9割以上を占める事はまぎれもない驚愕の事実です。私にとっては放射能汚染の現状を数値で話してもほとんどの人が無関心な理由が理解出来た事はようやく一筋の光が見えきた思いです。今迄、ずっと疑問だった事がようやく自分の心の中で整理がつきました。知っている人でもまわりの知らない人に言っても無駄だと言う人もまだまだ沢山います。聞く耳をもたないのだからどうしようもない。私もそう思っていました。しかしその人達は騙されていて命の危険にさらされているのです。例えばそれが本当にあなたにとって大切な人なら、その人の命などどうでもいいと言えますか?たしかに他人の命などどうでもいいっていう方もいると思います。いわゆる『今だけ、金だけ、自分だけ』の人々です。現実的に今の支配者層がやっている事は大多数の知らない国民の命を狙ったテロ行為です。放射能で汚染された瓦礫を燃やせば当然、濃縮して更に危険性が高まる事も国は知らない筈がありません。本当に一部の支配者層は国民の命などなんとも思っていないのです。私もその事を理解するのに時間がかかりました。前提として国がそんな酷い事をする筈がないと自分の思い込みの常識があったからです。人を信じる事は美徳であると小さい頃から教わってきたからだと思います。にわかには信じられないかもしれませんが、現実的に毒を全国にばらまいている事実は調べればすぐにわかります。『今だけ、金だけ、自分だけ』の人々は支配者層に利用されている事にも気がつきません。受験戦争で人と争う事も徹底的に教えこまれたきたので人より少しでも優位に立ちたい、『自分さえ良ければ』その思想が日本を堕落させた原因の一つだと思います。よく父親にそんな儲からない仕事は辞めて以前やっていた仕事を真剣にやったらどうだと言われます。確かに6年経った今でも経営は決して楽ではありません。それどころか少しあった預金もほとんど底をつきました。でも出来る限り今の仕事を続けていきたいと考えています。現実は厳しく今年が正念場になる事も自覚しています。でもお金より大切なものを子供達に残したいと真剣に考えています。『今だけ、金だけ、自分だけ』の人達は文字どうり自分さえよければ子供や孫がどうなろうと知った事ではないのです。教育と言う名の洗脳で人と競争する事を徹底的に小さい頃から教えこまれたのでそう簡単には理解出来ないのです。私も以前そんな考えでしたが、人は変われると思います。本当にこの6年間、心ある人達に助けて頂きました。人の本当の優しさにふれられた事で多くの気づきをもらいました。何も話さない事は支配者層にとっては一番都合が良い事で、あなたが今苦しめられている支配者層に加担する事になる事に気がついて下さい。だから私は会う人には必ず放射能汚染の実態を話します。黙っていると言う事はその人達の命などどうでもいいと言っているのと同じだからです。見てみぬふりしていたら何も知らない子供達に待っているのは地獄だけです。Twitterなどネットで拡散するのは限界があります。あなたが10人の人に話してその10人の人がまた人々に伝えていけば現状は変わります。2016年度報道の自由度ランキング世界72位の日本の情報統制もますます強化される方向に向かっています。故意に貧困を作り、その日の生活が手一杯の人を増やして汚染の現状をごまかす方針も揺るぎないようです。支配者層にとってもの言わぬ羊ほど都合が良いものはありません。どれだけ税金を無駄使いされても、汚染瓦礫や汚染食材などの毒を日本全国にばらまく国民に対するテロ行為を行ってもそもそも考えられないようなロボット人間を作る事が支配者層のしもべであるメディアの役目だと言う事は忘れないで下さい。多くの人も気づきはじめていますが、ニュースなどほとんどが茶番です。政治に興味を持つ事は大変良い事です。そこから始まると言ってもいいくらいかもしれません。多くの矛盾に気がつきそして疑問に思った事は自分が納得するまで調べる事は大切だからです。しかし物事には順序があります。命あっての経済活動であり日々の生活です。東京都の金町浄水場からの蛇口水は現実的に全国ワースト1のセシウム汚染だと思います。しかし都民のほどんどがそれを知りません。彼らが信用しているTVや新聞などメディアが決して報道しないからです。だから福島だけをクローズアップして首都圏の汚染はなかった事にします。あたりまえです、支配者層のしもべであるメディアがまともに報道出来ると思うほうが大きな間違いです。問題は知らなくても見ないようにしていても毒が確実に存在するという事実です。そして今日もあなたの大切な家族の体を蝕んでいるのです。シャワー80日でフクイチ由来のセシウムが310Bq/kgある事は他の危険な核種も考慮すべきだと思います。セシウムの300倍危険であるストロンチウムは原子炉内ではセシウムと1対1の比率で存在しますが測定されていません。飲み水は気にしてる方も多いですが、お風呂やシャワーの水まで気にしてる方は極端に少ないです。私も感情でしか物事を判断出来なかったので、正直そこまで気にしてられないと以前は思っていました。http://cdcreation.grupo.jp/blog/1585288しかし湯気で呼吸器から肺に毎日吸収する事を知り、『飲み水の最大100倍被ばくする。』という記述を知り驚愕しました。本当に盲点だと思うのです。だから多くの人が気がつかないのは当然だと思います。それに気がついている人は首都圏に住む人々の1%にも満たないと思います。知識として知っていても何も対策しなければ知らないのと同じです。毒はそこに確実にあり日々人々の体を蝕んでいる事実は変わりません。だから知らない人に今すぐに教えてあげで欲しいのです。手遅れにならないうちに。自分や大切な人の命に無関心な人など本来いる筈がありません。例えるならまわりの知らない人達は国家ぐるみの詐欺にあって命の危険が迫っています。今、直面している危機にまず目を向け出来る対策をする事がもっとも大切だと思います。命に関わる事は最優先事項なのは言うまでもありません。移住したくても様々な要因で移住出来ない方も多いです。事故後、移住した方も少なくありませんが、移住地で苦労されている方も現実的に多いです。どんなに苦しくても『己の魂の支配者は自分自身である。』事は忘れないで欲しいと思います。旦那に嫌われるからという理由で子供の命を粗末にしていい筈がありません。人は他人からの評価を気にします。嫌われたくないと思う事はごく普通の事かもしれません。でもその事よりもっと大切な事がある筈です。もちろん言うまでもありませんが命です。いつも一番の被害者は何も知らない子供達です。こんな事を言うと親に変な宗教に入ったのかと言われてしまいますが、宗教とは支配者が人々を支配する為に利用する手段であると考えています。一時期、宗教関係の本や聖書などを読んでいたからだと思いますが、私は宗教とは最も縁がない人間の一人だと思っています。人を支配しようなんて気はさらさらありません。ただ自分の頭で考えて真実を見失わず命を大切にして欲しいから何度でもこうして同じような事を書いています。命の大切さをまわりの大切な人に是非教えてあげて下さい。あたりまえの事ですが、現実的に多くの人々が自分や大切な人の命を見失っています。気がついたあなたが話さないのではいつまで経ってもこの国は変わりません。知るだけではダメです。まわりの大切な人に伝える事が唯一残された方法だと思います。たとえ最初は感情で否定して聞いてくれなくても粘り強く訴えていくしかないと思います。そしてそれが支配者層がもっとも恐れている事でもあります。 2017-03-10T17:14:00+09:00 人類史上最悪の福島第一原子力発電所事故から早くも6年が経過し、明日でいよいよ7年目に入ります。非常事態宣言は今も継続しており解除とはほど遠く、人類史上最悪のレベル7です。つい最近650シーベルトと言うとてつもない過去最悪の推定値が発表された事は記憶に新しい。浴びれば即死するレベルです。しかし首都圏に住むほぼ99%の人達はその数値の意味すら真剣に考えません。そもそも650シーベルだろうが、100万シーベルトだろうがどんな数値でも彼らは考えていないのだから危機感などある筈がありません。東京でマラソンやオリンピックをやる事がまともだと思っている多くの人々は完全に思考停止していると言っても過言ではありません。しかもそんな人が国民の大多数を占めます。しかしそれは偶然ではないのです。物事は根本から考えないと判断を誤ってしまいます。我々は一般市民であり、権力者じゃありません。私達は『民』であり権力者からおさめられる人々です。権力を持たない大衆なのです。権力者に何もかも自由だと思い込まさ搾取されている存在です。まず、その事を理解しない限りこれから書く事は理解出来ないと思います。まさに『自由は隷従なり』です。6年経った今もセシウムの食品基準値は100Bq/kgです。今迄、何度も書いてきましたが、100Bq/kgは事故前は低レベル放射性廃棄物として黄色いドラム缶に入れられ厳重に長期間管理されてきた値です。*画像はクリックすると拡大します。グラフを見て頂くとわかりますが、チェルノブイリの事例では6年目から比べると7年目の発病数は倍以上になっています。チェルノブイリ10年後に死亡した子供の甲状腺からはセシウム1,200Bq/kg、心筋で600Bq/kgにも達しています。突然死が増えている事は偶然ではありません。以前、突然死の記事を書きましたが、同じ小学校で1ヶ月の間に2人も亡くなる事は普通の事でしょうか。突然死http://geiger.grupo.jp/blog/793765考えないようにしていても毒は確実にそこにあり、人々の体を日々蝕んでいくにも関わらず、あまりにも無関心で無防備な人が多い事が本当にずっと不思議でした。事故から6年間ずっとその理由を考え続けてきたがどうしても理解が出来なかった。なんであたり前の事がわからない人が多いのか?なんで命に関わる事なのに真剣に考えようとさえしないのか?放射能汚染の現状をいろいろな人に話すが、9割以上の人はしかたないと考えているのかあきらめているのか、いずれにしても無関心な人がほとんどでした。無関心の人は例外なくメディアを信じています。無関心な人だけじゃなくある程度気をつけている人もTVでは風評被害、食べて応援など単純なフレーズを何度も繰り返し報道する事で疑問を持っていた人もしまいには頭に自然とすり込まれてしまう。最近はその手法も巧妙になってきた。風評被害がいかに汚染地区の人を傷つけるかなど有名人などをつかって人々の感情を巧みに利用する。加害者が被害者同士を対立させる為にありとあらゆる手段で人々の感情に訴える。支配者層は人々が感情で物事を判断するのを熟知しています。メディアはそのしもべである事は何度も指摘してきました。最近、家族がTVを観てる様子を観察すると会った事もない芸能人などに完全に感情を移入しているのが目につく。あれでは自分の気に入った芸人などが訴えれば簡単に騙されてしまうのも無理はない。毎日TVを観る事により、TVに露出頻度が高い有名人などをわかった気になってしまう事がまず最初の洗脳のステージです。感情移入してしまえば人々に人気がある芸能人などを通してプロパガンダが簡単に行えます。それがそもそも大きな勘違いだと気がついて下さい。普通に考えて何度も会ってる人でさえ、その内面を知る事は時間がかかります。毎日、毎日同じ顔を見る事で知らないうちにその人を知ったつもりになっているのです。どんなに頭が良い人でもメディアを信じている人は同じです。感情で物事を判断し、そもそも考えてないのだから。。福島第一原子力発電所の事件からずっと自分の出来る事を模索してきました。ある人はもう事故は過去の事のように考えており、ある人に汚染の深刻さを話したら『まだそんな事言っているんですか?』と笑いながら言われた。私にとっては本当に不思議な事だが本人にとって原発事故は過去の出来事になっているのです。しかし普通に考えて命より大切なものなどある筈がないのは当然の事だが、その命について真剣に考えない人々があまりにも多い事が私にとっては脅威であり、その理由がどんなに考えてもどうしてもわかりませんでした。私より遥かに優秀な人でさえ、この現実に危機感を持たない理由がいったい何故なのか。アメーバブログにも書きましたが『もの言わぬ羊』をまだご欄になってない方は是非読んで欲しいと思います。http://ameblo.jp/34yu0422/entry-12250544862.htmlそこでも書きましたが友人の一人に私より遥かに優秀な大企業の重役がいます。彼のようないわゆる社会的に地位がある方でも現実の汚染に対してはほとんど関心がない理由がわかったのです。彼は仕事熱心で巨人ファンなのでおそらく読売新聞を購読しています。いや、むしろ読売新聞が流した放射能汚染はデマと言う記事を読んで信じているかもしれません。メディアを何の疑いもなく信じているので彼の世界は事故前とまったく変わりません。TVでも本来人が住んではいけない汚染された地域で有名な芸人などが、普通に地元の食材などを食べているのを何度も目にしている筈です。何度メディアに騙されてもそもそも考えていなければどんなに優秀な人でも危機感など皆無でしょう。小さい頃から徹底的に教えこまれた常識と言う名のプロパガンダが元凶だとようやく気づきました。放射能汚染の実態を話してはいけないような空気はメディアなどが作りだしたものです。そして小さい頃からの常識と言う名の洗脳で人と違う事を言う人を徹底的に排除する教育システムによりまわりの空気を気にして本当の事が話せない人が多いのです。潜在的にはかなり人が放射能汚染を気にしてると思います。しかし現実を見て下さい。まわりの人に放射能汚染を気にしてると知られるのが怖いので話せない人が大勢います。逆に変な事を言うなと言う人もいるでしょう。人に嫌われたくないという思いもあると思います。ツィッターで最近、見かけましたが放射能汚染の現状を大切な友人に教えたら、『うちの旦那そう言うの嫌いだから』って言われそれ以上言う事が出来なかったという投稿がありました。きっと彼女は旦那の機嫌ばかり気にして、疑問すら抱いたりしないのでしょう。そんな彼女も自分では考えたつもりになっていますが、実は何も考えておらず感情で否定してしまう例です。そう自分や家族の命の事すら真剣に考えられない完全なロボット人間です。そんな筈ない、自分の頭で考えて私は行動していると笑う人もいるかもしれませんが、ほとんど90%の国民に共通する事で、それは偶然ではないのです。幼い頃からの教育と言う名の洗脳を受けてきたのですからそう簡単に理解出来る筈がありません。徹底的に教えこまれた洗脳で人々の常識が邪魔しているのです。私が6年間真剣に考え続けやっと導き出した答えをそう簡単に理解出来る筈がありません。いくら真剣に考えてもなかなかわからなかった理由は『常識』という名の洗脳だったからです。国民の90%を『もの言わぬ羊』にする。それが国の教育方針とは夢にも思いませんでした。仕事柄多くの気がつかれた方と話しますが、例えば夫婦でも温度差がありそれを悩んでいる方も大勢います。どんなに説明しようとしても感情で否定されるとか、そもそも話しをまともに聞いてくれないと言うお悩みも多いです。かくいう私も家族とはかなりの温度差があります。いくら言い方を考えて話しをしても聞いてくれない事が不思議でしかたありませんでした。でもそもそも国の教育方針が国民の90%の『もの言わぬ羊』を作る事が目的である事が理解出来れば少しは理解してくれると思います。先程の例じゃないですが、『旦那がそういうの嫌いだから』の一言で毒がなくなる訳じゃありません。考えないようにしていても当然毒は確実にあなたの一番大切な家族の体を日々蝕んでいくのです。あたりまえの事ですが、それが理解出来てない人が国民の9割以上を占める事はまぎれもない驚愕の事実です。私にとっては放射能汚染の現状を数値で話してもほとんどの人が無関心な理由が理解出来た事はようやく一筋の光が見えきた思いです。今迄、ずっと疑問だった事がようやく自分の心の中で整理がつきました。知っている人でもまわりの知らない人に言っても無駄だと言う人もまだまだ沢山います。聞く耳をもたないのだからどうしようもない。私もそう思っていました。しかしその人達は騙されていて命の危険にさらされているのです。例えばそれが本当にあなたにとって大切な人なら、その人の命などどうでもいいと言えますか?たしかに他人の命などどうでもいいっていう方もいると思います。いわゆる『今だけ、金だけ、自分だけ』の人々です。現実的に今の支配者層がやっている事は大多数の知らない国民の命を狙ったテロ行為です。放射能で汚染された瓦礫を燃やせば当然、濃縮して更に危険性が高まる事も国は知らない筈がありません。本当に一部の支配者層は国民の命などなんとも思っていないのです。私もその事を理解するのに時間がかかりました。前提として国がそんな酷い事をする筈がないと自分の思い込みの常識があったからです。人を信じる事は美徳であると小さい頃から教わってきたからだと思います。にわかには信じられないかもしれませんが、現実的に毒を全国にばらまいている事実は調べればすぐにわかります。『今だけ、金だけ、自分だけ』の人々は支配者層に利用されている事にも気がつきません。受験戦争で人と争う事も徹底的に教えこまれたきたので人より少しでも優位に立ちたい、『自分さえ良ければ』その思想が日本を堕落させた原因の一つだと思います。よく父親にそんな儲からない仕事は辞めて以前やっていた仕事を真剣にやったらどうだと言われます。確かに6年経った今でも経営は決して楽ではありません。それどころか少しあった預金もほとんど底をつきました。でも出来る限り今の仕事を続けていきたいと考えています。現実は厳しく今年が正念場になる事も自覚しています。でもお金より大切なものを子供達に残したいと真剣に考えています。『今だけ、金だけ、自分だけ』の人達は文字どうり自分さえよければ子供や孫がどうなろうと知った事ではないのです。教育と言う名の洗脳で人と競争する事を徹底的に小さい頃から教えこまれたのでそう簡単には理解出来ないのです。私も以前そんな考えでしたが、人は変われると思います。本当にこの6年間、心ある人達に助けて頂きました。人の本当の優しさにふれられた事で多くの気づきをもらいました。何も話さない事は支配者層にとっては一番都合が良い事で、あなたが今苦しめられている支配者層に加担する事になる事に気がついて下さい。だから私は会う人には必ず放射能汚染の実態を話します。黙っていると言う事はその人達の命などどうでもいいと言っているのと同じだからです。見てみぬふりしていたら何も知らない子供達に待っているのは地獄だけです。Twitterなどネットで拡散するのは限界があります。あなたが10人の人に話してその10人の人がまた人々に伝えていけば現状は変わります。2016年度報道の自由度ランキング世界72位の日本の情報統制もますます強化される方向に向かっています。故意に貧困を作り、その日の生活が手一杯の人を増やして汚染の現状をごまかす方針も揺るぎないようです。支配者層にとってもの言わぬ羊ほど都合が良いものはありません。どれだけ税金を無駄使いされても、汚染瓦礫や汚染食材などの毒を日本全国にばらまく国民に対するテロ行為を行ってもそもそも考えられないようなロボット人間を作る事が支配者層のしもべであるメディアの役目だと言う事は忘れないで下さい。多くの人も気づきはじめていますが、ニュースなどほとんどが茶番です。政治に興味を持つ事は大変良い事です。そこから始まると言ってもいいくらいかもしれません。多くの矛盾に気がつきそして疑問に思った事は自分が納得するまで調べる事は大切だからです。しかし物事には順序があります。命あっての経済活動であり日々の生活です。東京都の金町浄水場からの蛇口水は現実的に全国ワースト1のセシウム汚染だと思います。しかし都民のほどんどがそれを知りません。彼らが信用しているTVや新聞などメディアが決して報道しないからです。だから福島だけをクローズアップして首都圏の汚染はなかった事にします。あたりまえです、支配者層のしもべであるメディアがまともに報道出来ると思うほうが大きな間違いです。問題は知らなくても見ないようにしていても毒が確実に存在するという事実です。そして今日もあなたの大切な家族の体を蝕んでいるのです。シャワー80日でフクイチ由来のセシウムが310Bq/kgある事は他の危険な核種も考慮すべきだと思います。セシウムの300倍危険であるストロンチウムは原子炉内ではセシウムと1対1の比率で存在しますが測定されていません。飲み水は気にしてる方も多いですが、お風呂やシャワーの水まで気にしてる方は極端に少ないです。私も感情でしか物事を判断出来なかったので、正直そこまで気にしてられないと以前は思っていました。http://cdcreation.grupo.jp/blog/1585288しかし湯気で呼吸器から肺に毎日吸収する事を知り、『飲み水の最大100倍被ばくする。』という記述を知り驚愕しました。本当に盲点だと思うのです。だから多くの人が気がつかないのは当然だと思います。それに気がついている人は首都圏に住む人々の1%にも満たないと思います。知識として知っていても何も対策しなければ知らないのと同じです。毒はそこに確実にあり日々人々の体を蝕んでいる事実は変わりません。だから知らない人に今すぐに教えてあげで欲しいのです。手遅れにならないうちに。自分や大切な人の命に無関心な人など本来いる筈がありません。例えるならまわりの知らない人達は国家ぐるみの詐欺にあって命の危険が迫っています。今、直面している危機にまず目を向け出来る対策をする事がもっとも大切だと思います。命に関わる事は最優先事項なのは言うまでもありません。移住したくても様々な要因で移住出来ない方も多いです。事故後、移住した方も少なくありませんが、移住地で苦労されている方も現実的に多いです。どんなに苦しくても『己の魂の支配者は自分自身である。』事は忘れないで欲しいと思います。旦那に嫌われるからという理由で子供の命を粗末にしていい筈がありません。人は他人からの評価を気にします。嫌われたくないと思う事はごく普通の事かもしれません。でもその事よりもっと大切な事がある筈です。もちろん言うまでもありませんが命です。いつも一番の被害者は何も知らない子供達です。こんな事を言うと親に変な宗教に入ったのかと言われてしまいますが、宗教とは支配者が人々を支配する為に利用する手段であると考えています。一時期、宗教関係の本や聖書などを読んでいたからだと思いますが、私は宗教とは最も縁がない人間の一人だと思っています。人を支配しようなんて気はさらさらありません。ただ自分の頭で考えて真実を見失わず命を大切にして欲しいから何度でもこうして同じような事を書いています。命の大切さをまわりの大切な人に是非教えてあげて下さい。あたりまえの事ですが、現実的に多くの人々が自分や大切な人の命を見失っています。気がついたあなたが話さないのではいつまで経ってもこの国は変わりません。知るだけではダメです。まわりの大切な人に伝える事が唯一残された方法だと思います。たとえ最初は感情で否定して聞いてくれなくても粘り強く訴えていくしかないと思います。そしてそれが支配者層がもっとも恐れている事でもあります。 命について http://geiger.grupo.jp/blog/1574631 命は何よりも尊いものである筈です。しかし現実的にあなたのまわりにいる人々はその最も大切である筈の『命』について真剣に考えません。首都圏の放射能汚染が深刻で確実に命を削っていく事実に対して、あまりにも多くの人が無頓着です。現実的に首都圏に住む99%以上の人が『思考停止』しています。『思考停止』http://geiger.grupo.jp/blog/1335056そしてそれは決して偶然ではない事をまず知って欲しいと思います。これを読んだあなたは当然、私は自由だ。何もかも自分の頭で考え行動していると反論するでしょう。そこに大きな罠がある事にほとんどの人が気がついていません。思想は自由。あたりまえの事です。誰もが当然そう思うでしょう。実例をあげます。ある人に東京の放射能汚染の現実を話しました。食べ物や飲み水などはある程度気をつけている人です。ここ葛飾区の水道水の汚染は60日実際にシャワーで使ってセシウム約240Bq/kgである事実を告げた。セシウム100Bq/kgは福島の事故前は低レベル放射性廃棄物として黄色いドラム缶に入れられ厳重に管理されていた値だと教えた。そしてアメリカの論文でシャワーやお風呂のお湯は最大で飲料水の100倍の有害物質を浴びている可能性がある事、お湯に含まれる汚染物質の最大91%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収される可能性がある事も教えた。しかし彼はまわりの人々はそこまで気にしてないと言う根拠がない理由で笑って否定した。命に関わる大切な情報にも関わらず、笑って否定したのです。彼だけではありません。首都圏に住むほとんど99%の人は笑って否定するでしょう。彼らは考えているのではなく、感情で物事を結論付けしてしまって知ろうとしないのです。例えそれが自分の命に関わる事でも、仕事や娯楽などスポーツの勝敗や芸能人のスキャンダルのほうが彼らにとっては大切なのです。これは1%の支配層のしもべであるメディアを信じている人に共通する傾向です。そもそも危険な原発が何故日本に導入されたのでしょうか?まずはざっくりと戦後を振返ってみましょう。広島(ウラン原爆)と長崎(プルトニウム原爆)に実験のために原爆を投下され子供から大人まで無差別に虐殺され、当時放射能アレルギーだった日本を『クリーンで安全なエネルギー』と騙して日本列島を取り囲むように54基もの原発が導入された経緯をまずは知るべきです。原発はCIAのコードネームをもつ正力松太郎(読売新聞、日本テレビの創立者)や中曽根元総理などの売国奴により導入された。当時はテレビも普及しておらず、市民が情報を知るすべは新聞、ラジオくらいしかなかった状況下。その時点でほとんどの人々は騙されたのです。戦後の復興期にGHQによる3S政策(Screen=映画、Sports=スポーツ、Sex=性産業)により大衆を支配する為に、国民の関心が政治に向かないような愚民を作り出す政策を積極的に取り入れた。終戦時の米国大統領のトルーマンの言葉を見ればあきらかだ。猿(日本人)を『空虚の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。猿は、我々の家畜だからだ。我々の財産である家畜の肉体は長寿にさせなければならない。(化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。これによって我々は収益を得続けるだろう。日本の官僚が、米国と一体化してしまった事に根本的な問題があります。日本が自滅する日石井紘基(著)殺された元衆議院議員の石井紘基氏のこの本は究極の『裏帳簿』特別会計など根本的な問題を数多く指摘していますので読まれてない方は是非、読んでみて下さい。日本再生の多くのヒントがそこにあると思います。そしてまだ多くの人がメディアは自分の為に存在すると勘違いしている事も大問題です。何度も言いますがメディアは1%の支配層の為にプロパガンダに専念する為に存在している事をまずは考えるべきです。3.11以前は多くの人が騙されていましたが、原発はそもそも電気を作るものではなく、核開発プラントです。日本が決めてよいのは電気料金だけ、原発の管理もイスラエルのマグナBSP社が行っていた。米国は属国である日本にウランやプルトニウムを濃縮、生産させる為に日本列島を取り囲むように54基もの原発を作らせた。それは核のOEM生産だけじゃなく、日本を完全に奴隷化させる為の政策でもある。日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか(矢部宏治)『米軍機は日本全土を自由に低空飛行訓練をする事で、いつでも日本中の原発を爆破出来る軍事的オプションを持っている。』事実を知って欲しい。この本は『基地』と『原発』を正しく理解する為にも是非読んで欲しいと思います。日本は現在も米国の属国である事は常識ですが、それすら知らない人が多い事が愚民政策が成功している証拠だと思います。どんなに酷い政策をされてもそもそも現実に何が起こっているかに気がつかなければ、危機感などある筈がありません。その危機感をなくして、スポーツ、芸能などを徹底的に煽る事がメディアの仕事です。あなたの命にとって最も大切な情報をメディアに期待するほうがそもそも大きな間違いです。どれだけ血税を無駄使いされようが、貧困にされ餓死寸前でも、戦争を出来る国にされても、どれだけ理不尽な事を要求されても理解出来ない民衆を作り出す事が支配者層の奴隷である大手メディアの使命なのです。市民よりのメディアですら東京の放射能汚染の現実はタブーで命に関わる為に報道は期待出来ません。1%の支配層にとっては原発も戦争も一般市民から金を巻き上げるためのマッチポンプビジネスでしかないのです。支配者層は人々の命などなんとも思っていません。毒をばらまき病気を作り医療で儲け、緊張を作り出し武器を売って儲ける事に専念します。早い話しそれに尽きると思います。多くの人が信じているからそれが真実だと短縮的に考えず、まやかしの情報に惑わされないで下さい。今、首都圏が放射能汚染されている現実を真剣に考えて下さい。本人は考えているつもりでも自分の命すら真剣に考えられないように小さい頃から時間をかけて洗脳されてしまっているのです。学校教育ではまわりの人と違う事を言う人を徹底的に排除します。そして受験勉強やスポーツなどで人と争う事を徹底的に教えこまれます。支配者層が実践している洗脳はあなたが考えているより遥かに緻密に計算され、巧妙な罠をそこらじゅうにしかけています。原発事故後に世界が180度変わったと言ってもいったいどれだけの人が本当の意味で理解しているでしょうか。見ないようにしていても毒は確実にここにあり、あなたや大切な子供達の身体を日々蝕んでいきます。私は20代、30代の頃はそれこそ拝金主義者でした。金の亡者と言ってもいいくらいかもしれません。食うか食われるかの世界だと思い込み、金を稼ぐ事しか頭になかったと言ってもいいくらいです。金こそが支配者層にもっとも有利なツールだと知らずにいた正真正銘の奴隷でした。しかし3.11以降、さまざまな矛盾に疑問を持ちました。一番疑問に思った事は毒がばらまかれて自分の命が危険にさらされているにも関わらず殆どの人が命を守ることよりお金に縛られている事でした。かくいう私もお金の呪縛より完全に脱しておらず、完全に抜け出す道を模索中です。命があってこそ、未来が開けます。まずは命を大切にして真剣に考えて欲しいと切に願います。信じて欲しいと言ってもそれは無理な話しだと言う事はこれを書いている私自身が一番自覚しています。信じなくて良いので大切な命に関わる問題は徹底的に自分が納得がいくまで自分で調べて自分の頭で考えて適切に対処して下さい。もう一度言います。あなたとあなたの大切な人にとって一番大切なのは命です。取り返しがつかなくなるまえに、感情にとらわれず自分の頭で考えて下さい。。放射能は無味無臭で目には見えません。しかし測定すれば数値で出てきます。それを見て判断するしかなないのです。大人一人一人が自覚して、国の宝である子供達の命を守りましょう。 2016-12-23T09:04:00+09:00 命は何よりも尊いものである筈です。しかし現実的にあなたのまわりにいる人々はその最も大切である筈の『命』について真剣に考えません。首都圏の放射能汚染が深刻で確実に命を削っていく事実に対して、あまりにも多くの人が無頓着です。現実的に首都圏に住む99%以上の人が『思考停止』しています。『思考停止』http://geiger.grupo.jp/blog/1335056そしてそれは決して偶然ではない事をまず知って欲しいと思います。これを読んだあなたは当然、私は自由だ。何もかも自分の頭で考え行動していると反論するでしょう。そこに大きな罠がある事にほとんどの人が気がついていません。思想は自由。あたりまえの事です。誰もが当然そう思うでしょう。実例をあげます。ある人に東京の放射能汚染の現実を話しました。食べ物や飲み水などはある程度気をつけている人です。ここ葛飾区の水道水の汚染は60日実際にシャワーで使ってセシウム約240Bq/kgである事実を告げた。セシウム100Bq/kgは福島の事故前は低レベル放射性廃棄物として黄色いドラム缶に入れられ厳重に管理されていた値だと教えた。そしてアメリカの論文でシャワーやお風呂のお湯は最大で飲料水の100倍の有害物質を浴びている可能性がある事、お湯に含まれる汚染物質の最大91%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収される可能性がある事も教えた。しかし彼はまわりの人々はそこまで気にしてないと言う根拠がない理由で笑って否定した。命に関わる大切な情報にも関わらず、笑って否定したのです。彼だけではありません。首都圏に住むほとんど99%の人は笑って否定するでしょう。彼らは考えているのではなく、感情で物事を結論付けしてしまって知ろうとしないのです。例えそれが自分の命に関わる事でも、仕事や娯楽などスポーツの勝敗や芸能人のスキャンダルのほうが彼らにとっては大切なのです。これは1%の支配層のしもべであるメディアを信じている人に共通する傾向です。そもそも危険な原発が何故日本に導入されたのでしょうか?まずはざっくりと戦後を振返ってみましょう。広島(ウラン原爆)と長崎(プルトニウム原爆)に実験のために原爆を投下され子供から大人まで無差別に虐殺され、当時放射能アレルギーだった日本を『クリーンで安全なエネルギー』と騙して日本列島を取り囲むように54基もの原発が導入された経緯をまずは知るべきです。原発はCIAのコードネームをもつ正力松太郎(読売新聞、日本テレビの創立者)や中曽根元総理などの売国奴により導入された。当時はテレビも普及しておらず、市民が情報を知るすべは新聞、ラジオくらいしかなかった状況下。その時点でほとんどの人々は騙されたのです。戦後の復興期にGHQによる3S政策(Screen=映画、Sports=スポーツ、Sex=性産業)により大衆を支配する為に、国民の関心が政治に向かないような愚民を作り出す政策を積極的に取り入れた。終戦時の米国大統領のトルーマンの言葉を見ればあきらかだ。猿(日本人)を『空虚の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。猿は、我々の家畜だからだ。我々の財産である家畜の肉体は長寿にさせなければならない。(化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。これによって我々は収益を得続けるだろう。日本の官僚が、米国と一体化してしまった事に根本的な問題があります。日本が自滅する日石井紘基(著)殺された元衆議院議員の石井紘基氏のこの本は究極の『裏帳簿』特別会計など根本的な問題を数多く指摘していますので読まれてない方は是非、読んでみて下さい。日本再生の多くのヒントがそこにあると思います。そしてまだ多くの人がメディアは自分の為に存在すると勘違いしている事も大問題です。何度も言いますがメディアは1%の支配層の為にプロパガンダに専念する為に存在している事をまずは考えるべきです。3.11以前は多くの人が騙されていましたが、原発はそもそも電気を作るものではなく、核開発プラントです。日本が決めてよいのは電気料金だけ、原発の管理もイスラエルのマグナBSP社が行っていた。米国は属国である日本にウランやプルトニウムを濃縮、生産させる為に日本列島を取り囲むように54基もの原発を作らせた。それは核のOEM生産だけじゃなく、日本を完全に奴隷化させる為の政策でもある。日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか(矢部宏治)『米軍機は日本全土を自由に低空飛行訓練をする事で、いつでも日本中の原発を爆破出来る軍事的オプションを持っている。』事実を知って欲しい。この本は『基地』と『原発』を正しく理解する為にも是非読んで欲しいと思います。日本は現在も米国の属国である事は常識ですが、それすら知らない人が多い事が愚民政策が成功している証拠だと思います。どんなに酷い政策をされてもそもそも現実に何が起こっているかに気がつかなければ、危機感などある筈がありません。その危機感をなくして、スポーツ、芸能などを徹底的に煽る事がメディアの仕事です。あなたの命にとって最も大切な情報をメディアに期待するほうがそもそも大きな間違いです。どれだけ血税を無駄使いされようが、貧困にされ餓死寸前でも、戦争を出来る国にされても、どれだけ理不尽な事を要求されても理解出来ない民衆を作り出す事が支配者層の奴隷である大手メディアの使命なのです。市民よりのメディアですら東京の放射能汚染の現実はタブーで命に関わる為に報道は期待出来ません。1%の支配層にとっては原発も戦争も一般市民から金を巻き上げるためのマッチポンプビジネスでしかないのです。支配者層は人々の命などなんとも思っていません。毒をばらまき病気を作り医療で儲け、緊張を作り出し武器を売って儲ける事に専念します。早い話しそれに尽きると思います。多くの人が信じているからそれが真実だと短縮的に考えず、まやかしの情報に惑わされないで下さい。今、首都圏が放射能汚染されている現実を真剣に考えて下さい。本人は考えているつもりでも自分の命すら真剣に考えられないように小さい頃から時間をかけて洗脳されてしまっているのです。学校教育ではまわりの人と違う事を言う人を徹底的に排除します。そして受験勉強やスポーツなどで人と争う事を徹底的に教えこまれます。支配者層が実践している洗脳はあなたが考えているより遥かに緻密に計算され、巧妙な罠をそこらじゅうにしかけています。原発事故後に世界が180度変わったと言ってもいったいどれだけの人が本当の意味で理解しているでしょうか。見ないようにしていても毒は確実にここにあり、あなたや大切な子供達の身体を日々蝕んでいきます。私は20代、30代の頃はそれこそ拝金主義者でした。金の亡者と言ってもいいくらいかもしれません。食うか食われるかの世界だと思い込み、金を稼ぐ事しか頭になかったと言ってもいいくらいです。金こそが支配者層にもっとも有利なツールだと知らずにいた正真正銘の奴隷でした。しかし3.11以降、さまざまな矛盾に疑問を持ちました。一番疑問に思った事は毒がばらまかれて自分の命が危険にさらされているにも関わらず殆どの人が命を守ることよりお金に縛られている事でした。かくいう私もお金の呪縛より完全に脱しておらず、完全に抜け出す道を模索中です。命があってこそ、未来が開けます。まずは命を大切にして真剣に考えて欲しいと切に願います。信じて欲しいと言ってもそれは無理な話しだと言う事はこれを書いている私自身が一番自覚しています。信じなくて良いので大切な命に関わる問題は徹底的に自分が納得がいくまで自分で調べて自分の頭で考えて適切に対処して下さい。もう一度言います。あなたとあなたの大切な人にとって一番大切なのは命です。取り返しがつかなくなるまえに、感情にとらわれず自分の頭で考えて下さい。。放射能は無味無臭で目には見えません。しかし測定すれば数値で出てきます。それを見て判断するしかなないのです。大人一人一人が自覚して、国の宝である子供達の命を守りましょう。 思考停止 http://geiger.grupo.jp/blog/1335056 人類史上最悪な福島第一原子力発電所の爆発により大量の放射性物質が拡散し、現在も拡散し続けている首都圏、東京に住む危険性は今更言うまでもありません。6年目の今も緊急事態宣言は解除されておらず、事故前はドラム缶に入れられ『低レベル放射性廃棄物』として厳重に管理されていた100Bq/kgが現在の食品の基準になっています。しかし現実的に現在も汚染が数値として出ているのに何も対策をしない方がほとんどなのは何故でしょうか?大切な人には特に危険性を真剣に考えて対策をするように何度も言ってきましたが現実的にはほとんど99%の人が気にしません。何故なんだ?と自分自身に問いかけてきました。そして一つの答えが見つかりました。その人達の共通点はメディアを信じている事です。日本のメディアにすでに独立性がない事はほとんどの方が知るところですが、メディアは支配層の為にプロパガンダに専念する為に存在する機関である事が理解出来ていないようです。アメーバブログにその事について書いていますので宜しければご参考にして下さい。下の首都圏に住むリスクから順に見て頂けると言っている事が理解出来ると思います。http://ameblo.jp/34yu0422/entry-12148205073.htmlメディアは例えそれが間違った事でも世間の『常識』を作るのが仕事でもあります。『娯楽こそが最大の罠』です。その事を理解する事は本当に困難な事です。物心ついた頃から長い時間をかけられその事があたりまえだと思っているからです。人はスポーツ、芸能、ゲーム、映画、音楽などそれぞれの娯楽を楽しみます。そしてその娯楽自体を否定する人は誰一人としていません。もちろん私も否定しません。しかしそこに目に見えない落とし穴があります。それらの楽しい娯楽に人々は夢中になります。マスコミも徹底的にあおります。そして人々は自分では気がつかないうちに自らすすんでそれらに時間をさくようになります。楽しいからあたりまえです。自分の好きに事に没頭する事も時には必要だと思いますが、没頭する事により社会の出来事に関心を持たなくなる事が最も危険な事です。いくら税金を無駄使いされようと貧困にされても戦争を出来る国にされても、どれだけ理不尽なことを要求されても理解出来ない民衆を作り出す事こそが支配者の僕であるメディアの役目なのです。現実に何がおこっているかに気がつくほど社会の出来事に関心を持っていなければそもそも危機感などある筈がありません。現実的にそのような人が世の中の大多数を占めます。政治を真剣に考える人達をマスコミは徹底的にバカにします。流行を作り、流行の商品を買ってもらう為にスポンサーを喜ばせる事に注力します。国の現状を憂いてデモなどを行う人も徹底的にバカにします。その事は支配者層にとっては最も都合のよい事なのです。そもそも階級社会というのは、無知を基礎にしない限り、成立し得ないのです。その無知を作り貧困を作るのが支配者層の仕事なのです。メディアを支配しているのは誰?医療を支配しているのは誰でしょうか?メディアに良心を期待するあなたは現実を見て下さい。メディアの人達でも私よりはるかに性格が良い人は大勢いるのも事実です。しかしそんな良心がある人達も本当の事が言えない構造が既に出来上がっているのです。医療関係に従事している方の多くも高度に洗脳されています。普通に考えてあなたやあなたの大切な人の命は最も尊いものです。その最も尊いものを守るのはごく普通な事だと誰もが問われれば答えるでしょう。しかし何度も書きますが、物事を考えないようなロボット人間を作るのが支配層の仕事です。だからあなたに飴を与えます。それが娯楽です。かくゆう私も3.11前は自分では世の中の事を知っていると思い込んでいた傲慢な人間でした。確かにいわゆる普通の人が知らない裏の世界なども多少見てきましたので尚更そう思い込んでいたのだと思います。謙虚になる事が大切だと思います。自分では考えているつもりでも最も大切な『命』についてすら本気で考えられないような人達が多数を占める事は決して偶然ではありません。過去の記事でも何度も例えていますが、メディアは毎日、毎日何度も東京オリンピックについての話題をごく普通に流します。一部の気がついている人以外は東京オリンピックの話題などもごく当たり前のように話すでしょう。99%の人はオリンピックの話題を普通にします。しかし良く考えてみて下さい。放射能汚染された東京でオリンピックを開催する事がいかに異常だと言う事を。例えば海外などでは反対運動も起きています。当然の反応です。仮に今回の放射能汚染が隣国で起こったと仮定した時に、国内の大切な選手を汚染された国に送り出す事は普通の事でしょうか?どんな人の影響も受けずにあなたの思想を決めるのはあなた自身です。しかしそもそも何も考えていなければそれ以前の問題なのです。命を大切する事はごく当たり前の事ですが、それ以前に考えなければあなたは何も知らずに静かに死んでいく事になると思います。それどころかあなたが一番大切に思っている子供に毒を与える事になりかねないのです。 2016-06-01T11:14:00+09:00 人類史上最悪な福島第一原子力発電所の爆発により大量の放射性物質が拡散し、現在も拡散し続けている首都圏、東京に住む危険性は今更言うまでもありません。6年目の今も緊急事態宣言は解除されておらず、事故前はドラム缶に入れられ『低レベル放射性廃棄物』として厳重に管理されていた100Bq/kgが現在の食品の基準になっています。しかし現実的に現在も汚染が数値として出ているのに何も対策をしない方がほとんどなのは何故でしょうか?大切な人には特に危険性を真剣に考えて対策をするように何度も言ってきましたが現実的にはほとんど99%の人が気にしません。何故なんだ?と自分自身に問いかけてきました。そして一つの答えが見つかりました。その人達の共通点はメディアを信じている事です。日本のメディアにすでに独立性がない事はほとんどの方が知るところですが、メディアは支配層の為にプロパガンダに専念する為に存在する機関である事が理解出来ていないようです。アメーバブログにその事について書いていますので宜しければご参考にして下さい。下の首都圏に住むリスクから順に見て頂けると言っている事が理解出来ると思います。http://ameblo.jp/34yu0422/entry-12148205073.htmlメディアは例えそれが間違った事でも世間の『常識』を作るのが仕事でもあります。『娯楽こそが最大の罠』です。その事を理解する事は本当に困難な事です。物心ついた頃から長い時間をかけられその事があたりまえだと思っているからです。人はスポーツ、芸能、ゲーム、映画、音楽などそれぞれの娯楽を楽しみます。そしてその娯楽自体を否定する人は誰一人としていません。もちろん私も否定しません。しかしそこに目に見えない落とし穴があります。それらの楽しい娯楽に人々は夢中になります。マスコミも徹底的にあおります。そして人々は自分では気がつかないうちに自らすすんでそれらに時間をさくようになります。楽しいからあたりまえです。自分の好きに事に没頭する事も時には必要だと思いますが、没頭する事により社会の出来事に関心を持たなくなる事が最も危険な事です。いくら税金を無駄使いされようと貧困にされても戦争を出来る国にされても、どれだけ理不尽なことを要求されても理解出来ない民衆を作り出す事こそが支配者の僕であるメディアの役目なのです。現実に何がおこっているかに気がつくほど社会の出来事に関心を持っていなければそもそも危機感などある筈がありません。現実的にそのような人が世の中の大多数を占めます。政治を真剣に考える人達をマスコミは徹底的にバカにします。流行を作り、流行の商品を買ってもらう為にスポンサーを喜ばせる事に注力します。国の現状を憂いてデモなどを行う人も徹底的にバカにします。その事は支配者層にとっては最も都合のよい事なのです。そもそも階級社会というのは、無知を基礎にしない限り、成立し得ないのです。その無知を作り貧困を作るのが支配者層の仕事なのです。メディアを支配しているのは誰?医療を支配しているのは誰でしょうか?メディアに良心を期待するあなたは現実を見て下さい。メディアの人達でも私よりはるかに性格が良い人は大勢いるのも事実です。しかしそんな良心がある人達も本当の事が言えない構造が既に出来上がっているのです。医療関係に従事している方の多くも高度に洗脳されています。普通に考えてあなたやあなたの大切な人の命は最も尊いものです。その最も尊いものを守るのはごく普通な事だと誰もが問われれば答えるでしょう。しかし何度も書きますが、物事を考えないようなロボット人間を作るのが支配層の仕事です。だからあなたに飴を与えます。それが娯楽です。かくゆう私も3.11前は自分では世の中の事を知っていると思い込んでいた傲慢な人間でした。確かにいわゆる普通の人が知らない裏の世界なども多少見てきましたので尚更そう思い込んでいたのだと思います。謙虚になる事が大切だと思います。自分では考えているつもりでも最も大切な『命』についてすら本気で考えられないような人達が多数を占める事は決して偶然ではありません。過去の記事でも何度も例えていますが、メディアは毎日、毎日何度も東京オリンピックについての話題をごく普通に流します。一部の気がついている人以外は東京オリンピックの話題などもごく当たり前のように話すでしょう。99%の人はオリンピックの話題を普通にします。しかし良く考えてみて下さい。放射能汚染された東京でオリンピックを開催する事がいかに異常だと言う事を。例えば海外などでは反対運動も起きています。当然の反応です。仮に今回の放射能汚染が隣国で起こったと仮定した時に、国内の大切な選手を汚染された国に送り出す事は普通の事でしょうか?どんな人の影響も受けずにあなたの思想を決めるのはあなた自身です。しかしそもそも何も考えていなければそれ以前の問題なのです。命を大切する事はごく当たり前の事ですが、それ以前に考えなければあなたは何も知らずに静かに死んでいく事になると思います。それどころかあなたが一番大切に思っている子供に毒を与える事になりかねないのです。 今、目の前にある放射能のリスクを考えて下さい http://geiger.grupo.jp/blog/1288689 福島第一原子力発電所の爆発により大量の放射性物質が大気中、海に放出され、現在でも放出中の事は疑う余地がない事実ですが、ほとんどの方が既に事故は収束していると思い込み汚染も気にしなくなりました。しかし考えてみて下さい。放出された代表的な核種の半減期(半分になる期間)セシウムCs-137約30年ストロンチウムSr-90約30年プルトニウムPu-23924,000年これだけ見ても収束とはほど遠い事はおわかり頂けると思います。政府は必ず放射能汚染を必ずない事にします。理由は一言で言うと事故前から『情報をきちんと統制すること』と決まっていたからです。IAEA(国際原子力機関)はチェルノブイリ事故から10年後の1996年4月の会議で『再び事故が起こるのは避けられない』だから『次回の原発事故にあたっては、人々を避難させず、情報をきちんと統制すること』という方針を発表。政府もその方針に従い動いているだけです。*参照:http://geiger.grupo.jp/blog/689974事故から6年目の現在も緊急事態宣言は解除されておらす、食品の基準値は100ベクレル/キロです。数値を聞いてもピンとこない方もいると思いますが、100ベクレルの汚染は事故前はドラム缶に入れられ長期間厳重に管理されていた低レベル放射性廃棄物です。ドラム缶に入れられた低レベル放射性廃棄物*http://cdcreation.grupo.jp/free1286953政府は国民の事を考えている、そんな酷い事をする筈がないと多くの方が考えておられると思いますが、残念ながら情報の統制だけではありません。放射能防護の大原則は汚染源から出来る限り距離を置く事は常識です。しかし政府は完全に逆の事を行ってきました。実例をあげますと放射能汚染された瓦礫などはわざわざ九州まで運びそれを焼却。放射性物質は焼却すると濃縮されるは当然知っていてそれを行ってきました。チェルノブイリ事故の時は汚染地区を走っていた車の出入りも厳重に管理されていたと聞いています。現状では重度に汚染された地区から、日本は車の出入りも電車の出入りも自由です。本来人を住ませてはいけない地域に人を住ませています。だからその地域の方々の生活を守る為と称して有名人などを使い『食べて応援』を推奨しているのです。『食べて応援』をしている有名人の方などは良心の呵責はないのでしょうか?わかっていてやっている方も一部いますが、知らないから本気で人助けの為と思って活動されている方もいるのではないでしょうか?最悪だと思うのはこの国の多くの方はまわりの空気を気にします。幼稚園、小学校の頃から人と違う事をする事が悪い事であるかのような教育にも問題があります。だから人と違った考えや行動をする事自体がおかしいと考えてしまいまわりの雰囲気に合わせる人が多いのだと思います。ある程度の協調性は必要だと思いますが、放射能汚染の実態を話す事がまるでタブーのような雰囲気が一番の問題だと思います。自分さえ気をつければそれでいいのでしょうか?あなたのまわりの大切な人達にも『今、目の前にある放射能のリスクを正しく教えてください』 2016-04-23T13:25:00+09:00 福島第一原子力発電所の爆発により大量の放射性物質が大気中、海に放出され、現在でも放出中の事は疑う余地がない事実ですが、ほとんどの方が既に事故は収束していると思い込み汚染も気にしなくなりました。しかし考えてみて下さい。放出された代表的な核種の半減期(半分になる期間)セシウムCs-137約30年ストロンチウムSr-90約30年プルトニウムPu-23924,000年これだけ見ても収束とはほど遠い事はおわかり頂けると思います。政府は必ず放射能汚染を必ずない事にします。理由は一言で言うと事故前から『情報をきちんと統制すること』と決まっていたからです。IAEA(国際原子力機関)はチェルノブイリ事故から10年後の1996年4月の会議で『再び事故が起こるのは避けられない』だから『次回の原発事故にあたっては、人々を避難させず、情報をきちんと統制すること』という方針を発表。政府もその方針に従い動いているだけです。*参照:http://geiger.grupo.jp/blog/689974事故から6年目の現在も緊急事態宣言は解除されておらす、食品の基準値は100ベクレル/キロです。数値を聞いてもピンとこない方もいると思いますが、100ベクレルの汚染は事故前はドラム缶に入れられ長期間厳重に管理されていた低レベル放射性廃棄物です。ドラム缶に入れられた低レベル放射性廃棄物*http://cdcreation.grupo.jp/free1286953政府は国民の事を考えている、そんな酷い事をする筈がないと多くの方が考えておられると思いますが、残念ながら情報の統制だけではありません。放射能防護の大原則は汚染源から出来る限り距離を置く事は常識です。しかし政府は完全に逆の事を行ってきました。実例をあげますと放射能汚染された瓦礫などはわざわざ九州まで運びそれを焼却。放射性物質は焼却すると濃縮されるは当然知っていてそれを行ってきました。チェルノブイリ事故の時は汚染地区を走っていた車の出入りも厳重に管理されていたと聞いています。現状では重度に汚染された地区から、日本は車の出入りも電車の出入りも自由です。本来人を住ませてはいけない地域に人を住ませています。だからその地域の方々の生活を守る為と称して有名人などを使い『食べて応援』を推奨しているのです。『食べて応援』をしている有名人の方などは良心の呵責はないのでしょうか?わかっていてやっている方も一部いますが、知らないから本気で人助けの為と思って活動されている方もいるのではないでしょうか?最悪だと思うのはこの国の多くの方はまわりの空気を気にします。幼稚園、小学校の頃から人と違う事をする事が悪い事であるかのような教育にも問題があります。だから人と違った考えや行動をする事自体がおかしいと考えてしまいまわりの雰囲気に合わせる人が多いのだと思います。ある程度の協調性は必要だと思いますが、放射能汚染の実態を話す事がまるでタブーのような雰囲気が一番の問題だと思います。自分さえ気をつければそれでいいのでしょうか?あなたのまわりの大切な人達にも『今、目の前にある放射能のリスクを正しく教えてください』 まずは独立国家を目指せ http://geiger.grupo.jp/blog/1266256 先月、安保法が施行された。本日、安保法が施行~女も男も区別せずに殺せ~自衛隊が初めて殺し合う相手は南スーダンの少年兵だ!http://ameblo.jp/64152966/entry-12144306163.html本当に酷い世の中になった。戦争=殺し合いがない世の中を望む人は全世界中に大勢いるが、一部の支配層がそれを望みいつの世も世界から戦争がなくならない。3.11事故後に視力がだいぶ低下して本を読むのがついついおっくうになっていましたが、最近やっと矢部宏治氏の『日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか』を読んだ。知らなかった事も多く大変勉強になった。日本の官僚が、米国と一体化してしまった事に根本的な問題がある。だから理不尽な事が当たり前のようにおこる。米国に従順のニセ右翼などが、最近国民の愛国心を煽る事が目につく。国を愛するのは当然の事、そこにいる国民の命を守らないで何が愛国心なんだか呆れてしまう。隣国との緊張状態を煽るような報道も多い。基本的に人種差別を煽る人間は信用しない。韓国人、中国人など人種による差別はそれこそ、戦争を煽るプロパガンダだと気がついて欲しい。いろいろな人種とつき合ってきたが、どの国にもいわゆるいい人もいれば悪い奴もいる。そんなあたりまえの事がわからずひとくくりにどこの国の人だから悪いとかくだらない事を言う論調が多過ぎる。隣国同士、共存共栄していく事が一番だ。歴史を見れば世界で一番テロを繰り返している国がどの国だか言うまでもない。米国も一枚岩ではないのでひとくくりに言えないが、闇の権力者達が諸悪の根源だ。9.11が自作自演テロを起こした事は多くの人達が気がついた。きっと3.11も後10年も経てば、どこの国がしかけて事だか気がつく人も多いだろう。(新)人口削減において日本は一番のターゲットだった!http://ameblo.jp/64152966/entry-11509278199.htmlいつまでも従属国家でいいように日本の富を絞り取られる事に加担するニセ右翼こそが売国奴だ。自分の利益しか考えず甘い汁を吸っている官僚どもなどは愛国を語る資格すらない。安倍をはじめとしたほとんどの政治家などは役者に過ぎない。なぜ、日本は原発を止められないのか。それは日米原子力協定があるからだ。条文を詳しく分析した専門家の話しでは『米国の了承なしに日本側で決めてよいのは電気料金だけ』だ。戦後から続く米国による日本の統治は今も続いていると改めて実感した。結局、原発も米国からの要望で中曽根や正力(読売新聞社主、日本テレビ社長)など米国のCIAの工作員により洗脳され導入された。https://www.youtube.com/watch?v=TuVjmXdufS4日本列島を囲むように立地する54基の原発はなぜ、地震多発国の日本に作られたか。米軍機は実質的に日本全国を自由に低空飛行出来る。『米軍機は日本全土を自由に低空飛行訓練をする事で、いつでも日本中の原発を爆破出来る軍事的オプションを持っている』事はまぎれもない事実だ。現に1988年6月2日に米軍機の1機が、四国に伊方原発のすぐ横に墜落した事がある。原発の真上を低空飛行して、山の斜面に激突して乗り組み員7名が全員死亡した。日本国憲法9条1項と2項の問題も、『憲法9条を守れ』とひとくくりに主張してしまうと永遠に米軍を撤退させる事が出来ない。すなわち自衛のための防衛力は持つが、集団的自衛権は放棄すべきだ。日中関係を悪化させ、米国に頼らなければ自国すら守れないという議論ばかりが強まる。それこそ闇の権力者達の思うつぼだ。自衛の為の防衛力だが、既に日本は全世界を壊滅出来る程のプルトニウムを持っている。ミサイル技術も潜水艦技術も世界トップクラスだ。まずは独立国家を目指すべき。それがまず第一歩だ。それを実現しなければ、原発も戦争も永遠に止められないだろう。 2016-04-03T15:16:00+09:00 先月、安保法が施行された。本日、安保法が施行~女も男も区別せずに殺せ~自衛隊が初めて殺し合う相手は南スーダンの少年兵だ!http://ameblo.jp/64152966/entry-12144306163.html本当に酷い世の中になった。戦争=殺し合いがない世の中を望む人は全世界中に大勢いるが、一部の支配層がそれを望みいつの世も世界から戦争がなくならない。3.11事故後に視力がだいぶ低下して本を読むのがついついおっくうになっていましたが、最近やっと矢部宏治氏の『日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか』を読んだ。知らなかった事も多く大変勉強になった。日本の官僚が、米国と一体化してしまった事に根本的な問題がある。だから理不尽な事が当たり前のようにおこる。米国に従順のニセ右翼などが、最近国民の愛国心を煽る事が目につく。国を愛するのは当然の事、そこにいる国民の命を守らないで何が愛国心なんだか呆れてしまう。隣国との緊張状態を煽るような報道も多い。基本的に人種差別を煽る人間は信用しない。韓国人、中国人など人種による差別はそれこそ、戦争を煽るプロパガンダだと気がついて欲しい。いろいろな人種とつき合ってきたが、どの国にもいわゆるいい人もいれば悪い奴もいる。そんなあたりまえの事がわからずひとくくりにどこの国の人だから悪いとかくだらない事を言う論調が多過ぎる。隣国同士、共存共栄していく事が一番だ。歴史を見れば世界で一番テロを繰り返している国がどの国だか言うまでもない。米国も一枚岩ではないのでひとくくりに言えないが、闇の権力者達が諸悪の根源だ。9.11が自作自演テロを起こした事は多くの人達が気がついた。きっと3.11も後10年も経てば、どこの国がしかけて事だか気がつく人も多いだろう。(新)人口削減において日本は一番のターゲットだった!http://ameblo.jp/64152966/entry-11509278199.htmlいつまでも従属国家でいいように日本の富を絞り取られる事に加担するニセ右翼こそが売国奴だ。自分の利益しか考えず甘い汁を吸っている官僚どもなどは愛国を語る資格すらない。安倍をはじめとしたほとんどの政治家などは役者に過ぎない。なぜ、日本は原発を止められないのか。それは日米原子力協定があるからだ。条文を詳しく分析した専門家の話しでは『米国の了承なしに日本側で決めてよいのは電気料金だけ』だ。戦後から続く米国による日本の統治は今も続いていると改めて実感した。結局、原発も米国からの要望で中曽根や正力(読売新聞社主、日本テレビ社長)など米国のCIAの工作員により洗脳され導入された。https://www.youtube.com/watch?v=TuVjmXdufS4日本列島を囲むように立地する54基の原発はなぜ、地震多発国の日本に作られたか。米軍機は実質的に日本全国を自由に低空飛行出来る。『米軍機は日本全土を自由に低空飛行訓練をする事で、いつでも日本中の原発を爆破出来る軍事的オプションを持っている』事はまぎれもない事実だ。現に1988年6月2日に米軍機の1機が、四国に伊方原発のすぐ横に墜落した事がある。原発の真上を低空飛行して、山の斜面に激突して乗り組み員7名が全員死亡した。日本国憲法9条1項と2項の問題も、『憲法9条を守れ』とひとくくりに主張してしまうと永遠に米軍を撤退させる事が出来ない。すなわち自衛のための防衛力は持つが、集団的自衛権は放棄すべきだ。日中関係を悪化させ、米国に頼らなければ自国すら守れないという議論ばかりが強まる。それこそ闇の権力者達の思うつぼだ。自衛の為の防衛力だが、既に日本は全世界を壊滅出来る程のプルトニウムを持っている。ミサイル技術も潜水艦技術も世界トップクラスだ。まずは独立国家を目指すべき。それがまず第一歩だ。それを実現しなければ、原発も戦争も永遠に止められないだろう。 Pikari http://geiger.grupo.jp/blog/1259964 先日、RO(逆浸透)浄水器の輸入元の山田社長からサンプルとしてある液体を頂きました。この液体はPikari(仮称)で家のあらゆる場所の洗浄液として高い効果があるとの事。成分はRO浄水器(業務用)で作った純水に適度な配合で炭酸カリウムを混ぜてPH12.5の強アルカリ性で基本的に中華麺などの製造で使う『かん水』と同じだそうです。界面活性剤を使用しておらず、除菌効果もあるので野菜などの洗浄にも安心です。野菜に付着した農薬、放射性物質は、丁寧に水洗いすれば7割程度は除去出来ると言われています。しかし首都圏では蛇口水自体に福島第一原子力発電所事故由来のセシウムが含まれていますので注意が必要です。内部被ばくを少しでも低減させる為に、飲み水はRO(逆浸透)方式の浄水器とDI(イオン交換樹脂)フィルターを更に通す事により2重に防御させています。飲み水だけでなく、お米を研ぐ時、野菜を洗う時にもにもこの水を使用しています。0ppm-RO浄水システムhttp://cdcreation.grupo.jp/free737482お米などは7割程度水分を吸収してしまうので首都圏ではRO水を使用するのがベターだと思います。野菜洗いなどもこRO水を使用し重曹などに数分つけておくと更に良いので実践しています。本来は無農薬、有機野菜が良いのはわかっていますがいつも入手出来るわけじゃありません。まずはこの『Pikari』が野菜にどの程度の効果があるのか、トマトを今回はあえて丁寧に蛇口水で洗ってみました。水分を一度拭き取った状態が下の画像です。キッチンペーパーを下に敷いてその上にトマトを置いた状態でこの『Pikari』をスプレーししました。そして同じようにキッチンペーパーで水分を拭き取ったのが下の画像です。かなり汚れが取れました。黄色っぽい物質の正体はわかりませんが、出来れば口に入れたくありません。ステンレスの時計バンドなどにも優れた洗浄力があるとの事で試してみました。見た目はほとんど汚れていませんでしたが、水がかなり濁りましたので効果はかなりありそうです!野菜の洗浄、キッチンまわりシンク、トイレ、ガラス、エアコンの洗浄など用途は多いです。猫のトイレの除菌、消臭にも使えるそうですので試してみたいと思います。ただ、皮革製品などシミが付きやすい素材、アルミなどは腐食するので使用不可との事。サンプルはスプレー式容器に入れらたものですが、特筆すべきは放射性物質除去にも高い効果があり抗菌力の試験やウィルス拭き取りデータ、パッチテストなどの多くの試験データがありますが、データサイトは非公開で資料やデータは案件ごとにプリントしてお客様に提供するとなっています。実際にセシウム汚染された野菜などが手に入れば、こちらでも検証してみたいと思います。他の強アルカリイオン水との大きな違いはナトリウムなどでPH値を上げていないので野菜の洗浄などにも使えると事が最大の強みだと思います。今迄は用途により洗剤を変えていましたが、ガラスクリーナー、浴槽の洗剤、猫の除菌スプレーなど複数の洗剤が必要なくなるのは良いと思います。このクリーナーを家庭内で使用する事により、環境負担ゼロで排水や排水管の腐敗による悪臭なども抑えられ、酸化する要素がない為に腐食や錆などの発生も防ぐ事が出来る事も良いと思います。これでコストの削減になれば言う事はありません。とりあえず、実際にいろいろと試してみたいと思います! 2016-03-29T11:27:00+09:00 先日、RO(逆浸透)浄水器の輸入元の山田社長からサンプルとしてある液体を頂きました。この液体はPikari(仮称)で家のあらゆる場所の洗浄液として高い効果があるとの事。成分はRO浄水器(業務用)で作った純水に適度な配合で炭酸カリウムを混ぜてPH12.5の強アルカリ性で基本的に中華麺などの製造で使う『かん水』と同じだそうです。界面活性剤を使用しておらず、除菌効果もあるので野菜などの洗浄にも安心です。野菜に付着した農薬、放射性物質は、丁寧に水洗いすれば7割程度は除去出来ると言われています。しかし首都圏では蛇口水自体に福島第一原子力発電所事故由来のセシウムが含まれていますので注意が必要です。内部被ばくを少しでも低減させる為に、飲み水はRO(逆浸透)方式の浄水器とDI(イオン交換樹脂)フィルターを更に通す事により2重に防御させています。飲み水だけでなく、お米を研ぐ時、野菜を洗う時にもにもこの水を使用しています。0ppm-RO浄水システムhttp://cdcreation.grupo.jp/free737482お米などは7割程度水分を吸収してしまうので首都圏ではRO水を使用するのがベターだと思います。野菜洗いなどもこRO水を使用し重曹などに数分つけておくと更に良いので実践しています。本来は無農薬、有機野菜が良いのはわかっていますがいつも入手出来るわけじゃありません。まずはこの『Pikari』が野菜にどの程度の効果があるのか、トマトを今回はあえて丁寧に蛇口水で洗ってみました。水分を一度拭き取った状態が下の画像です。キッチンペーパーを下に敷いてその上にトマトを置いた状態でこの『Pikari』をスプレーししました。そして同じようにキッチンペーパーで水分を拭き取ったのが下の画像です。かなり汚れが取れました。黄色っぽい物質の正体はわかりませんが、出来れば口に入れたくありません。ステンレスの時計バンドなどにも優れた洗浄力があるとの事で試してみました。見た目はほとんど汚れていませんでしたが、水がかなり濁りましたので効果はかなりありそうです!野菜の洗浄、キッチンまわりシンク、トイレ、ガラス、エアコンの洗浄など用途は多いです。猫のトイレの除菌、消臭にも使えるそうですので試してみたいと思います。ただ、皮革製品などシミが付きやすい素材、アルミなどは腐食するので使用不可との事。サンプルはスプレー式容器に入れらたものですが、特筆すべきは放射性物質除去にも高い効果があり抗菌力の試験やウィルス拭き取りデータ、パッチテストなどの多くの試験データがありますが、データサイトは非公開で資料やデータは案件ごとにプリントしてお客様に提供するとなっています。実際にセシウム汚染された野菜などが手に入れば、こちらでも検証してみたいと思います。他の強アルカリイオン水との大きな違いはナトリウムなどでPH値を上げていないので野菜の洗浄などにも使えると事が最大の強みだと思います。今迄は用途により洗剤を変えていましたが、ガラスクリーナー、浴槽の洗剤、猫の除菌スプレーなど複数の洗剤が必要なくなるのは良いと思います。このクリーナーを家庭内で使用する事により、環境負担ゼロで排水や排水管の腐敗による悪臭なども抑えられ、酸化する要素がない為に腐食や錆などの発生も防ぐ事が出来る事も良いと思います。これでコストの削減になれば言う事はありません。とりあえず、実際にいろいろと試してみたいと思います! 3.11から5年 http://geiger.grupo.jp/blog/1239631 あなたの一番大切なものは何ですか?人類史上最悪な福島第一原子力発電所事故から5年が過ぎました。人類史上最悪な物質と言われている事故によりばらまかれたプルトニウム239は24,000年で半分になる事を考えても1,000年経っても完全な収束は無理でしょう。この5年間で政府が行ってきた事を冷静に考えてみて下さい。放射能汚染源を故意に拡散、絆などと最もらしい言葉でメディアを使って食べて応援、老朽化した原発の再稼働など狂気と思える政策ばかりです。TVなどのメディアを使い有名人に危険食材を故意に食べさせ、事故は既に過去の事のような印象操作を繰り返し行ってきました。私はもともとテレビなどはほとんどみないそもそもTVなどのメディアを洗脳装置だと気がついてない人が多い事にまず驚きました。自分がTVなどで洗脳されてきた常識を信じきっている固定観念を強く持った人が多い。自分で調べる事もなく物事を否定する。子供の命に関わる事じゃなきゃ、人それぞれなのでそれはそれで仕方ない事だって思えるが何も知るすべがない子供達が一番被害が大きい事はやりきれない。謙虚になって、疑問に思ったら納得するまで調べてから自分の頭で判断する事が重要だ。この5年間でTPP、安保法案、貧困層を増やすなどデタラメな政策を行ってきました。貧困層を故意に作り出す政策により食べていくのにやっという状況を作り出し食材の選択など出来ない状況にする。この5年間で政府が国民を守ってくれると思う人はさすがに少なくなったと思うが、政府が故意に人口削減を行っていると言う認識を持っている人はまだまだ少数派だと思います。将来子供達が戦争にいく事は断固阻止しなければなりませんのでデモも大切だと思います。しかしその前に命を落としてしまっては本末転倒です。ものには優先順位があります。命を脅かす今現実的にある放射能汚染の脅威から、そのリスクを出来るだけ低減させる事が最優先すべき事です。具体的に何をすべきでしょうか?毎日摂取する水や食べ物、そして空気を可能な限り気をつけるにつきると思います。汚染源から距離をおく事が最も有効な手段ですので汚染地区からの移住が何と言っても一番です。原子力発電所は発電の為に存在するといまだに考えている人は少なからずいますが、それは大きな間違いです。メディアなどにより原発はよくエネルギー問題にすり替えられますが、原発の実態は核兵器を作り出す為のプラントです。政府が何が何でも老朽化した原発を再稼働させるには意味があります。核を保有したいからです。戦争と原発、それは切っても切れない関係にあります。他国からの侵略の脅威があるので核武装する?それは正しい事でしょうか?日本列島を取り囲むように50基の原発が既にある国に防衛は意味がある事でしょうか?これ以上核武装して意味があるのでしょうか?私はそうは思いません。何故なら青森県六ヶ所村に既に人類を何度も破滅させる量のプルトニウムを既に持っています。戦争はどんなに美化してもしょせん人殺しです。私の一番大切なものは子供達の命であり、子供達の未来です。子供達に未来がない国に繁栄はありません。偽善者は食べて応援など人に毒を奨める事は辞めて欲しいと切に願います。 2016-03-11T14:24:00+09:00 あなたの一番大切なものは何ですか?人類史上最悪な福島第一原子力発電所事故から5年が過ぎました。人類史上最悪な物質と言われている事故によりばらまかれたプルトニウム239は24,000年で半分になる事を考えても1,000年経っても完全な収束は無理でしょう。この5年間で政府が行ってきた事を冷静に考えてみて下さい。放射能汚染源を故意に拡散、絆などと最もらしい言葉でメディアを使って食べて応援、老朽化した原発の再稼働など狂気と思える政策ばかりです。TVなどのメディアを使い有名人に危険食材を故意に食べさせ、事故は既に過去の事のような印象操作を繰り返し行ってきました。私はもともとテレビなどはほとんどみないそもそもTVなどのメディアを洗脳装置だと気がついてない人が多い事にまず驚きました。自分がTVなどで洗脳されてきた常識を信じきっている固定観念を強く持った人が多い。自分で調べる事もなく物事を否定する。子供の命に関わる事じゃなきゃ、人それぞれなのでそれはそれで仕方ない事だって思えるが何も知るすべがない子供達が一番被害が大きい事はやりきれない。謙虚になって、疑問に思ったら納得するまで調べてから自分の頭で判断する事が重要だ。この5年間でTPP、安保法案、貧困層を増やすなどデタラメな政策を行ってきました。貧困層を故意に作り出す政策により食べていくのにやっという状況を作り出し食材の選択など出来ない状況にする。この5年間で政府が国民を守ってくれると思う人はさすがに少なくなったと思うが、政府が故意に人口削減を行っていると言う認識を持っている人はまだまだ少数派だと思います。将来子供達が戦争にいく事は断固阻止しなければなりませんのでデモも大切だと思います。しかしその前に命を落としてしまっては本末転倒です。ものには優先順位があります。命を脅かす今現実的にある放射能汚染の脅威から、そのリスクを出来るだけ低減させる事が最優先すべき事です。具体的に何をすべきでしょうか?毎日摂取する水や食べ物、そして空気を可能な限り気をつけるにつきると思います。汚染源から距離をおく事が最も有効な手段ですので汚染地区からの移住が何と言っても一番です。原子力発電所は発電の為に存在するといまだに考えている人は少なからずいますが、それは大きな間違いです。メディアなどにより原発はよくエネルギー問題にすり替えられますが、原発の実態は核兵器を作り出す為のプラントです。政府が何が何でも老朽化した原発を再稼働させるには意味があります。核を保有したいからです。戦争と原発、それは切っても切れない関係にあります。他国からの侵略の脅威があるので核武装する?それは正しい事でしょうか?日本列島を取り囲むように50基の原発が既にある国に防衛は意味がある事でしょうか?これ以上核武装して意味があるのでしょうか?私はそうは思いません。何故なら青森県六ヶ所村に既に人類を何度も破滅させる量のプルトニウムを既に持っています。戦争はどんなに美化してもしょせん人殺しです。私の一番大切なものは子供達の命であり、子供達の未来です。子供達に未来がない国に繁栄はありません。偽善者は食べて応援など人に毒を奨める事は辞めて欲しいと切に願います。 悪夢の原発事故より5年 http://geiger.grupo.jp/blog/1226268 人類史上最悪な福島第一原子力発電所事故より早くも5年が経ちます。身体が丈夫でない方の被害は既に多く報告されていますが、健常者も危険な時期に突入したと言えます。チェルノブイリ事故のデータなどを見ますと5年から目に見えて被害が出てきて7年後のピークに向かう最も危険な時期にいよいよ突入します。2016年問題http://ameblo.jp/34yu0422/entry-12107921915.htmlこの5年の間に政府が行ってきた事は、食べて応援、汚染瓦礫拡散、再稼働などのテロ行為とも言える人口削減政策です。実際に存在するさまざな危険な放射性物質を隠蔽するだけではなく、放射能などまったく気にしない多くの人達にTVなどのメディアを使い有名人などに危険食材を故意に食べさせ、もう事故は過去の事のような印象操作を行い続けてきました。放射能汚染の事はまるでタブーであるかのような風潮。実際に多くの人がまわりの人達と放射能汚染について話しをする事はごく稀です。その意味では政府、マスコミによる情報統制は残念ながら成功していると言えます。まわりの多くの方の生活は年々厳しくなっている事が実感としてわかりますが、一部のほんの一握りの人達を優遇し多くの人々を貧困にする政策も当然故意に行われています。そんなバカな事を政府がする筈がないと考えている人は残念ながら淘汰される運命にあるのだと思います。日本は放射能汚染が世界一である事実をまずは直視すべきです。そして農薬の使用量も世界一、食品添加物の種類も世界一、若者の自殺率も世界一です。もはや他人事じゃない!日本の『危険な世界一』6選http://phytochemical.net/6worst-in-the-world/日本は世界の人口のたった2%にも関わらず世界の医療費の40%を占める事にも注意すべきです。すべての医療を否定するわけじゃありませんが、実際に膨大な利権の為に多くの命が失われている事も直視すべきです。情報弱者は淘汰される。http://geiger.grupo.jp/blog/month/201504わかっているリスクを出来るだけ排除する為に努力する事が唯一私達に出来る事ではないでしょうか。例えば、金町浄水場からの蛇口水は飲み水はもちろんですが、シャワーで毎日浴びるのもかなりリスクが高いと思います。昔の人は放射能雨に出来るだけ濡れないように注意をしていましたが現状では外出時の急な雨などを少量浴びるより毎日浴びるシャワー水のが格段にリスクが高いと思うのです。実際に我が家ではフクイチ由来のセシウムが確実に入ったシャワー水をゼオライトで浄化していなければ家族で100リットル程浴びた計算にます。60日間通水させたゼオライトから、実際にセシウムだけで81Bq/kg出ています。一年浴びると実に家族で480ベクレル以上浴びる事になります。数値ではピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、事故前は100ベクレルは低レベル放射性廃棄物としてドラム缶に入れられ厳重に管理されていた値です。http://cdcreation.grupo.jp/blog/1223498微量でも毎日、浴びてよい筈がない事は自覚し対策をする事が重要だと思います。特に子供は大人より格段にリスクが高いのでリスクは出来る限り減らすべきです。 2016-03-01T11:38:00+09:00 人類史上最悪な福島第一原子力発電所事故より早くも5年が経ちます。身体が丈夫でない方の被害は既に多く報告されていますが、健常者も危険な時期に突入したと言えます。チェルノブイリ事故のデータなどを見ますと5年から目に見えて被害が出てきて7年後のピークに向かう最も危険な時期にいよいよ突入します。2016年問題http://ameblo.jp/34yu0422/entry-12107921915.htmlこの5年の間に政府が行ってきた事は、食べて応援、汚染瓦礫拡散、再稼働などのテロ行為とも言える人口削減政策です。実際に存在するさまざな危険な放射性物質を隠蔽するだけではなく、放射能などまったく気にしない多くの人達にTVなどのメディアを使い有名人などに危険食材を故意に食べさせ、もう事故は過去の事のような印象操作を行い続けてきました。放射能汚染の事はまるでタブーであるかのような風潮。実際に多くの人がまわりの人達と放射能汚染について話しをする事はごく稀です。その意味では政府、マスコミによる情報統制は残念ながら成功していると言えます。まわりの多くの方の生活は年々厳しくなっている事が実感としてわかりますが、一部のほんの一握りの人達を優遇し多くの人々を貧困にする政策も当然故意に行われています。そんなバカな事を政府がする筈がないと考えている人は残念ながら淘汰される運命にあるのだと思います。日本は放射能汚染が世界一である事実をまずは直視すべきです。そして農薬の使用量も世界一、食品添加物の種類も世界一、若者の自殺率も世界一です。もはや他人事じゃない!日本の『危険な世界一』6選http://phytochemical.net/6worst-in-the-world/日本は世界の人口のたった2%にも関わらず世界の医療費の40%を占める事にも注意すべきです。すべての医療を否定するわけじゃありませんが、実際に膨大な利権の為に多くの命が失われている事も直視すべきです。情報弱者は淘汰される。http://geiger.grupo.jp/blog/month/201504わかっているリスクを出来るだけ排除する為に努力する事が唯一私達に出来る事ではないでしょうか。例えば、金町浄水場からの蛇口水は飲み水はもちろんですが、シャワーで毎日浴びるのもかなりリスクが高いと思います。昔の人は放射能雨に出来るだけ濡れないように注意をしていましたが現状では外出時の急な雨などを少量浴びるより毎日浴びるシャワー水のが格段にリスクが高いと思うのです。実際に我が家ではフクイチ由来のセシウムが確実に入ったシャワー水をゼオライトで浄化していなければ家族で100リットル程浴びた計算にます。60日間通水させたゼオライトから、実際にセシウムだけで81Bq/kg出ています。一年浴びると実に家族で480ベクレル以上浴びる事になります。数値ではピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、事故前は100ベクレルは低レベル放射性廃棄物としてドラム缶に入れられ厳重に管理されていた値です。http://cdcreation.grupo.jp/blog/1223498微量でも毎日、浴びてよい筈がない事は自覚し対策をする事が重要だと思います。特に子供は大人より格段にリスクが高いのでリスクは出来る限り減らすべきです。 被ばく対策 http://geiger.grupo.jp/blog/1158276 今年は人類史上最悪の福島第一原子力発電所事故が起きて5年を迎えます。去年一年を振返れば、原発事故は過去の事だと99%以上のほとんどの人達は気にしていませんでした。しかし今年はいよいよ2016年問題と言われてる年になります。人体への影響は5年後から見え始め今迄気にしてなかった人の目にも7年後から目に見えて増えてきて20年経っても増え続けています。チェルノブイリ事故時も最初の2、3年は人々は注意していましたが目に見えた影響がない為に人々が徐々に注意しなくなった時期は事故から4、5年後です。チェルノブイリ事故後、途中から注意を怠った母親が娘の墓の前で泣いて後悔していた動画を観た事を忘れる事が出来ません。実際にチェルノブイリ事故10年後の1997年に死亡した成人と子供の臓器を測定したデータでは成人より子供の数値がいちじるしく高い事がわかっています。甲状腺はもちろん、心筋でも子供で600ベクレルのセシウムが実際に検出されています。去年の一月に突然死の記事を書きましたが4年でこの結果はむしろチェルノブイリ事故時より早く影響が出ているかもしれません。*『突然死』の記事http://geiger.grupo.jp/blog/793765*2016年問題につきましては下記をご参照下さい。http://ameblo.jp/34yu0422/entry-12107921915.htmlここ金町浄水場からの水道水には福島第一原発事故由来のセシウム汚染がある事は確実です。今年は測定値の公表だけじゃなく、被ばく対策にも重点をおいて活動したいと思います。毎日必ず摂取する水は大切です。水道水には塩素も含まれています。塩化セシウムは水へ極めて溶けやすく、水溶性のストロンチウムもほとんど測定されていないのでどの程度水道水に含まれているかわかりません。セシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系などを除去出来るRO(逆浸透)でも万能ではありません。*更に除去能力を高めた0ppm-RO浄水システムhttp://cdcreation.grupo.jp/free737482上記、システムを利用して風呂やシャワーの水なども浄化する事も可能ですが、一軒家で約200万円の高額な費用がかかりますので一般的には難しいと思います。そこで誰にでも手軽に出来る出来るだけ低単価な浄化システムを実際に数値を確認しながら、その効果を検証していきたいと思います。まず手始めに誰にでも気軽に出来るのはシャワーヘッドの交換です。実際に効果は実証済みです。1.3gのゼオライトから837ベクレルのセシウム検出http://cdcreation.grupo.jp/blog/1138098当初は最初から付いていたシャワーヘッドの中にただゼオライトを入れていただけですが、水の出の問題などから何タイプかのシャワーヘッドを試してみて今気に入って使っているのは下のシャワーヘッドです。本来は塩素除去の為にビタミンCの顆粒のみを入れて使用する仕様になっていますがゼオライトは後から投入しました。50%の節水タイプで塩素もビタミンCにより除去出来るので効果はより期待出来ると思います。更に下の記事でも書きましたがシャワーヘッドは水の出方など好みがあるのでシャワーの根元で簡易的にゼオライトで除去する為にこちらでもテストを行っています。http://cdcreation.grupo.jp/blog/1154787浴槽の水もゼオライトでセシウムを除去し、塩素も除去した水を使用していこうと思います。 2016-01-10T16:04:00+09:00 今年は人類史上最悪の福島第一原子力発電所事故が起きて5年を迎えます。去年一年を振返れば、原発事故は過去の事だと99%以上のほとんどの人達は気にしていませんでした。しかし今年はいよいよ2016年問題と言われてる年になります。人体への影響は5年後から見え始め今迄気にしてなかった人の目にも7年後から目に見えて増えてきて20年経っても増え続けています。チェルノブイリ事故時も最初の2、3年は人々は注意していましたが目に見えた影響がない為に人々が徐々に注意しなくなった時期は事故から4、5年後です。チェルノブイリ事故後、途中から注意を怠った母親が娘の墓の前で泣いて後悔していた動画を観た事を忘れる事が出来ません。実際にチェルノブイリ事故10年後の1997年に死亡した成人と子供の臓器を測定したデータでは成人より子供の数値がいちじるしく高い事がわかっています。甲状腺はもちろん、心筋でも子供で600ベクレルのセシウムが実際に検出されています。去年の一月に突然死の記事を書きましたが4年でこの結果はむしろチェルノブイリ事故時より早く影響が出ているかもしれません。*『突然死』の記事http://geiger.grupo.jp/blog/793765*2016年問題につきましては下記をご参照下さい。http://ameblo.jp/34yu0422/entry-12107921915.htmlここ金町浄水場からの水道水には福島第一原発事故由来のセシウム汚染がある事は確実です。今年は測定値の公表だけじゃなく、被ばく対策にも重点をおいて活動したいと思います。毎日必ず摂取する水は大切です。水道水には塩素も含まれています。塩化セシウムは水へ極めて溶けやすく、水溶性のストロンチウムもほとんど測定されていないのでどの程度水道水に含まれているかわかりません。セシウム、ストロンチウム、ヨウ素、ウラン系などを除去出来るRO(逆浸透)でも万能ではありません。*更に除去能力を高めた0ppm-RO浄水システムhttp://cdcreation.grupo.jp/free737482上記、システムを利用して風呂やシャワーの水なども浄化する事も可能ですが、一軒家で約200万円の高額な費用がかかりますので一般的には難しいと思います。そこで誰にでも手軽に出来る出来るだけ低単価な浄化システムを実際に数値を確認しながら、その効果を検証していきたいと思います。まず手始めに誰にでも気軽に出来るのはシャワーヘッドの交換です。実際に効果は実証済みです。1.3gのゼオライトから837ベクレルのセシウム検出http://cdcreation.grupo.jp/blog/1138098当初は最初から付いていたシャワーヘッドの中にただゼオライトを入れていただけですが、水の出の問題などから何タイプかのシャワーヘッドを試してみて今気に入って使っているのは下のシャワーヘッドです。本来は塩素除去の為にビタミンCの顆粒のみを入れて使用する仕様になっていますがゼオライトは後から投入しました。50%の節水タイプで塩素もビタミンCにより除去出来るので効果はより期待出来ると思います。更に下の記事でも書きましたがシャワーヘッドは水の出方など好みがあるのでシャワーの根元で簡易的にゼオライトで除去する為にこちらでもテストを行っています。http://cdcreation.grupo.jp/blog/1154787浴槽の水もゼオライトでセシウムを除去し、塩素も除去した水を使用していこうと思います。 現実を見よう http://geiger.grupo.jp/blog/1000120 人類史上最悪で現在も進行中の福島第一原子力発電所事故に放射性物質の拡散は日本に取り返しのつかない汚染をバラマキ続けている。首都圏の放射能汚染は実際に深刻な状況だ。首都圏のハウスダストからは福島第一原子力発電所事故前は低レベル放射性廃棄物としてドラム缶に入れられ厳重に管理されていた100ベクレル超えは珍しくない。つまり首都圏の多くの室内は、事故前の低レベル放射性廃棄物のドラム缶の中の汚染度と変わらない。このような深刻な事態にも関わらず何故、人々の放射能汚染に関する関心が低いのか不思議だった。しかし、世界支配を企む者達が100年前に書いた文章と現状を照らし合わせて納得した。『彼らに事情をさとらせないために、われわれはさらにマス・レジャーを盛んにする。やがてわれらの新聞で芸能、スポーツ、がもてはやされ、クイズも現れるだろう。これらの娯楽は、われわれと政治論争をしなければならない人民の関心を、すっかり方向転換させてしまう。こうして人間は次第に独立してみずから思考する能力を失い、すべてわれわれの考えるとうりにしか考えられないようになる。』100年前から世界の支配者達は市民を支配する為に緻密に計算し、それを実行してきた。だから民衆の多くはこの深刻な事態にも関わらず、自分の頭で考えられないのだ。支配者がそのように仕向けてきた事にすら関心がない。余談だが私は小さい頃からテレビを観る事は少なかった。野球やサッカーなどのスポーツを観る事も芸能人もほとんど興味がなかった。先日、久しぶりに会った友人が、芸能人の話しをしてきたが名前と顔が一致しないので、友人は驚いていたが、得意げに話す友人のほうにこっちが驚いた。まだ、家の子供が小さい頃に家族全員で日本橋にもんじゃを食べに行った時の事、隣に座った親父が気さくに話しかけてきたので普通に話していたら、妻が小さな声で今の人知ってるの?と聞いてきた。当然まったく知らない人だが、妻によると西郷輝彦だと聞いた。名前は聞いた事があるが、名前と顔は一致しなかった。現在、高2の息子が幼稚園の頃に安室奈美恵の子供も同じ幼稚園で運動会で本人と挨拶を交わしたので顔が一致するが、ほとんどの有名人などの顔はわからない。政治家も同じで、若い頃に都内のホテルで取引先の立食バーティーに出た時に、隣にどこかで見た顔だと思い他の人に聞いたら、当時外務大臣だった安倍の親父だった事もあった。話しはそれてしまったが人々を娯楽やスポーツなどに夢中にさせ、政治的な事は考えさせないように仕向けている支配層がいる事は認識すべきだ。世界を支配する者達の存在とその歴史を知る必要がある。日本に最初に来たのはポルトガル、次がオランダだが、ヨーロッパでいち早く、アジアに航路を作ったのはイギリスだ。イギリスが発展した経緯はヨーロッパ諸国で初めてユダヤ人を首相にした事だ。ベンジャミン・ディズレーリ(BenjaminDisraeli)は彼の決断でスエズ運河の株をエジプトから購入する際にロスチャイルドからお金を借りて購入した。1917年にはイギリス政府によってバフフォア宣言が表明され、シオニズムは支持され、イギリス委任統治の最終日である1948年5月14日午後、テルアビブ美術館にてユダヤ人指導者ダビィド・ベン=グリオンが独立宣言を読み上げた。ユダヤ人国家『イスラエル』の独立が宣言された。当時のアメリカ合衆国大統領ハリー・S・トルーマンは、イスラエル独立宣言後ただちにイスラエル国家承認をした。アラブ諸国側はイスラエルの独立を認めず、第一次中東戦争となり、現在に至までパレスチナ問題は解決のメドが立っていない。イギリスのキャメロン首相もブレア首相もユダヤ人。現在、国として世界を支配しているように見える米国も実質はユダヤ人が統治している。米国の経済、医療、エネルギー、農業、食物等のすべてを支配しているのは彼らだ。ほとんどのマスコミで報じる事はないが、ビルダーバーグ会議は世界的な影響力を持つ金融機関の代表、官僚、政治家、多国籍企業、ヨーロッパの王族、貴族の代表など約130人が、北米や欧州の各地で会合を開き、政治経済や様々な国際問題などについて議論する完全非公開の会議で毎年1回行われる。『国際金融資本の詐欺手口』https://www.youtube.com/watch?v=HUtqp7Jboi4秘密結社『フリーメイソン』と『イルミナティ』は陰謀論などではなく実在する事を認識する必要がある。世界最大の秘密結社、フリーメイソンは約300年前にイギリスで発足した。詳しくは下記の動画を観ればわかると思うが、フリーメイソンのメンバー全員が悪ではなく、他の宗教と同じでトップの一握りの人間がイルミナティこそが悪の枢軸である。中核はロスチャイルドとロックフェラーであり、いずれもユダヤ教のタルムード思想を信奉する金持ち集団でもある。この地球上の富の80%は彼のものであり、ロスチャイルド一族は地球上の富の50%を占めると言われている。日本銀行の個人株主は何故か公開されてないが、その株式をロスチャイルド家が持っていると言う説もある。ユダヤ教、タルムードは秘密の教典であり、人間には『支配する側と支配される側が存在し、自分達以外の人間はゴイム(豚、家畜)として彼らに奉仕しなければならないと言うものだ。この教典は極秘であり、訳された書はほとんど存在しない。もし内部告発があれば、抹殺されるのでこれからも世に正確に翻訳された書が出てくる事はないであろう。タルムード思想の支配者達は世界の富のほとんどを手中にした彼らが、次に考えた事は『アジェンダ21』と言う人口削減計画である。さまざまな方法で他の人種を駆逐する手段を巧妙に考え、そして実行している。戦争、疫病、遺伝子操作などありとあらゆる手段を使う。社会毒について以前、下記を書いたが『フッ素』は偶然ではなく、ソフトキルと言う殺人である。http://geiger.grupo.jp/blog/931694エイズ(HIV)もアフリカのネグロイド(黒人)を選択的に殺戮する為、SARSは中国のモンゴロイドを殺戮する為に彼らが開発したウィールスだ。その他にも普段食べている食品、添加物、農薬などいたるところに罠はしかけられているので注意が必要だ。悪魔の企業のモンサントは遺伝子組み換え食品、農薬などで人口削減を実行している。ビルゲイツはイルミナティのメンバーでこのモンサントと共同して、北極に大規模な種子保存施設を作った。http://www.uplink.co.jp/monsanto/余談だが最近、長野県の土地をビルゲイツが購入したと言う情報がある。詳しくは自分で調べてみてほしい。ほとんどの人は自分が彼らの家畜である事に気がつかない。『陰謀論』だと言って一言で思考を停止してしまうからだ。もちろん官僚、政府もマスコミも彼らに支配されている事を思い出して欲しい。最終的には自分で調べて納得するしか方法はない。何故、しつこく何度も書くのかと言う事を一度でいいから真剣に考えて欲しい。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は『姉妹宗教』と呼ばれ、『奉ずる神は同一』元々は『ヤハウエ神』はヘブライ民族(ユダヤ、イスラエル民族)の民間信仰の神の名前。このヘブライ民間宗教が後に『ユダヤ教』になり、『キリスト教』が出てきて、『イスラム教』が出てきた。ゆえに神は同一と言われている。ざっくりした紀元はユダヤ教:紀元前2000年、キリスト教:紀元後1年、イスラム教:紀元後700年余談だがフリーメイソンの入会規定は神を信じる事を求められるが、宗教の種類は問われない。『タルムード』思想のイルミナティこそ、人類の人口削減を企む悪魔の支配者達だ。フリーメイソンのピラミッドの頂点の人達がイルミナティだと考えれば、理解しやすい。イルミナティにしても陰謀論、そう結論付けてしまうとそこで思考が停止してしまう。例えば、イルミナティについて調べていくと、レプテリアン(爬虫類系宇宙人)などが人間に乗り移り支配しているような事を書いてある記述もある。https://www.youtube.com/watch?v=HUtqp7Jboi4地球外生命体を全否定する訳ではないが、事実として知っておいてもらいたいので参考にして欲しい。1938年10月30日、マーキュリーラジオは音楽番組を中断して、恐ろしいほど詳しく火星人の侵略を伝えた。オーソン・ウェルズのこの放送はロックフェラー基金のために行った心理戦争の実験だった。その夜、ニューヨークの街は百万人のおびえてパニックになった人々で埋まった。これは50年間秘密にされてきたことだが、オーソン・ウェルズのこの放送はただのSF番組ではなかった。2年後、この実験の分析結果を知らされたのはビルダーバーグ・クラブや三極委員会、外交問題評議会、FRBなどごく一部の支配者達だった。FRBには戦争、暗殺、火星人などがついて回るが、火星人と言うのはこの陰謀を隠すために創作されたものだ。3.11が9.11同様に仕組まれたテロの可能性も完全に否定は出来ないと考えている。 2015-08-05T20:00:00+09:00 人類史上最悪で現在も進行中の福島第一原子力発電所事故に放射性物質の拡散は日本に取り返しのつかない汚染をバラマキ続けている。首都圏の放射能汚染は実際に深刻な状況だ。首都圏のハウスダストからは福島第一原子力発電所事故前は低レベル放射性廃棄物としてドラム缶に入れられ厳重に管理されていた100ベクレル超えは珍しくない。つまり首都圏の多くの室内は、事故前の低レベル放射性廃棄物のドラム缶の中の汚染度と変わらない。このような深刻な事態にも関わらず何故、人々の放射能汚染に関する関心が低いのか不思議だった。しかし、世界支配を企む者達が100年前に書いた文章と現状を照らし合わせて納得した。『彼らに事情をさとらせないために、われわれはさらにマス・レジャーを盛んにする。やがてわれらの新聞で芸能、スポーツ、がもてはやされ、クイズも現れるだろう。これらの娯楽は、われわれと政治論争をしなければならない人民の関心を、すっかり方向転換させてしまう。こうして人間は次第に独立してみずから思考する能力を失い、すべてわれわれの考えるとうりにしか考えられないようになる。』100年前から世界の支配者達は市民を支配する為に緻密に計算し、それを実行してきた。だから民衆の多くはこの深刻な事態にも関わらず、自分の頭で考えられないのだ。支配者がそのように仕向けてきた事にすら関心がない。余談だが私は小さい頃からテレビを観る事は少なかった。野球やサッカーなどのスポーツを観る事も芸能人もほとんど興味がなかった。先日、久しぶりに会った友人が、芸能人の話しをしてきたが名前と顔が一致しないので、友人は驚いていたが、得意げに話す友人のほうにこっちが驚いた。まだ、家の子供が小さい頃に家族全員で日本橋にもんじゃを食べに行った時の事、隣に座った親父が気さくに話しかけてきたので普通に話していたら、妻が小さな声で今の人知ってるの?と聞いてきた。当然まったく知らない人だが、妻によると西郷輝彦だと聞いた。名前は聞いた事があるが、名前と顔は一致しなかった。現在、高2の息子が幼稚園の頃に安室奈美恵の子供も同じ幼稚園で運動会で本人と挨拶を交わしたので顔が一致するが、ほとんどの有名人などの顔はわからない。政治家も同じで、若い頃に都内のホテルで取引先の立食バーティーに出た時に、隣にどこかで見た顔だと思い他の人に聞いたら、当時外務大臣だった安倍の親父だった事もあった。話しはそれてしまったが人々を娯楽やスポーツなどに夢中にさせ、政治的な事は考えさせないように仕向けている支配層がいる事は認識すべきだ。世界を支配する者達の存在とその歴史を知る必要がある。日本に最初に来たのはポルトガル、次がオランダだが、ヨーロッパでいち早く、アジアに航路を作ったのはイギリスだ。イギリスが発展した経緯はヨーロッパ諸国で初めてユダヤ人を首相にした事だ。ベンジャミン・ディズレーリ(BenjaminDisraeli)は彼の決断でスエズ運河の株をエジプトから購入する際にロスチャイルドからお金を借りて購入した。1917年にはイギリス政府によってバフフォア宣言が表明され、シオニズムは支持され、イギリス委任統治の最終日である1948年5月14日午後、テルアビブ美術館にてユダヤ人指導者ダビィド・ベン=グリオンが独立宣言を読み上げた。ユダヤ人国家『イスラエル』の独立が宣言された。当時のアメリカ合衆国大統領ハリー・S・トルーマンは、イスラエル独立宣言後ただちにイスラエル国家承認をした。アラブ諸国側はイスラエルの独立を認めず、第一次中東戦争となり、現在に至までパレスチナ問題は解決のメドが立っていない。イギリスのキャメロン首相もブレア首相もユダヤ人。現在、国として世界を支配しているように見える米国も実質はユダヤ人が統治している。米国の経済、医療、エネルギー、農業、食物等のすべてを支配しているのは彼らだ。ほとんどのマスコミで報じる事はないが、ビルダーバーグ会議は世界的な影響力を持つ金融機関の代表、官僚、政治家、多国籍企業、ヨーロッパの王族、貴族の代表など約130人が、北米や欧州の各地で会合を開き、政治経済や様々な国際問題などについて議論する完全非公開の会議で毎年1回行われる。『国際金融資本の詐欺手口』https://www.youtube.com/watch?v=HUtqp7Jboi4秘密結社『フリーメイソン』と『イルミナティ』は陰謀論などではなく実在する事を認識する必要がある。世界最大の秘密結社、フリーメイソンは約300年前にイギリスで発足した。詳しくは下記の動画を観ればわかると思うが、フリーメイソンのメンバー全員が悪ではなく、他の宗教と同じでトップの一握りの人間がイルミナティこそが悪の枢軸である。中核はロスチャイルドとロックフェラーであり、いずれもユダヤ教のタルムード思想を信奉する金持ち集団でもある。この地球上の富の80%は彼のものであり、ロスチャイルド一族は地球上の富の50%を占めると言われている。日本銀行の個人株主は何故か公開されてないが、その株式をロスチャイルド家が持っていると言う説もある。ユダヤ教、タルムードは秘密の教典であり、人間には『支配する側と支配される側が存在し、自分達以外の人間はゴイム(豚、家畜)として彼らに奉仕しなければならないと言うものだ。この教典は極秘であり、訳された書はほとんど存在しない。もし内部告発があれば、抹殺されるのでこれからも世に正確に翻訳された書が出てくる事はないであろう。タルムード思想の支配者達は世界の富のほとんどを手中にした彼らが、次に考えた事は『アジェンダ21』と言う人口削減計画である。さまざまな方法で他の人種を駆逐する手段を巧妙に考え、そして実行している。戦争、疫病、遺伝子操作などありとあらゆる手段を使う。社会毒について以前、下記を書いたが『フッ素』は偶然ではなく、ソフトキルと言う殺人である。http://geiger.grupo.jp/blog/931694エイズ(HIV)もアフリカのネグロイド(黒人)を選択的に殺戮する為、SARSは中国のモンゴロイドを殺戮する為に彼らが開発したウィールスだ。その他にも普段食べている食品、添加物、農薬などいたるところに罠はしかけられているので注意が必要だ。悪魔の企業のモンサントは遺伝子組み換え食品、農薬などで人口削減を実行している。ビルゲイツはイルミナティのメンバーでこのモンサントと共同して、北極に大規模な種子保存施設を作った。http://www.uplink.co.jp/monsanto/余談だが最近、長野県の土地をビルゲイツが購入したと言う情報がある。詳しくは自分で調べてみてほしい。ほとんどの人は自分が彼らの家畜である事に気がつかない。『陰謀論』だと言って一言で思考を停止してしまうからだ。もちろん官僚、政府もマスコミも彼らに支配されている事を思い出して欲しい。最終的には自分で調べて納得するしか方法はない。何故、しつこく何度も書くのかと言う事を一度でいいから真剣に考えて欲しい。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は『姉妹宗教』と呼ばれ、『奉ずる神は同一』元々は『ヤハウエ神』はヘブライ民族(ユダヤ、イスラエル民族)の民間信仰の神の名前。このヘブライ民間宗教が後に『ユダヤ教』になり、『キリスト教』が出てきて、『イスラム教』が出てきた。ゆえに神は同一と言われている。ざっくりした紀元はユダヤ教:紀元前2000年、キリスト教:紀元後1年、イスラム教:紀元後700年余談だがフリーメイソンの入会規定は神を信じる事を求められるが、宗教の種類は問われない。『タルムード』思想のイルミナティこそ、人類の人口削減を企む悪魔の支配者達だ。フリーメイソンのピラミッドの頂点の人達がイルミナティだと考えれば、理解しやすい。イルミナティにしても陰謀論、そう結論付けてしまうとそこで思考が停止してしまう。例えば、イルミナティについて調べていくと、レプテリアン(爬虫類系宇宙人)などが人間に乗り移り支配しているような事を書いてある記述もある。https://www.youtube.com/watch?v=HUtqp7Jboi4地球外生命体を全否定する訳ではないが、事実として知っておいてもらいたいので参考にして欲しい。1938年10月30日、マーキュリーラジオは音楽番組を中断して、恐ろしいほど詳しく火星人の侵略を伝えた。オーソン・ウェルズのこの放送はロックフェラー基金のために行った心理戦争の実験だった。その夜、ニューヨークの街は百万人のおびえてパニックになった人々で埋まった。これは50年間秘密にされてきたことだが、オーソン・ウェルズのこの放送はただのSF番組ではなかった。2年後、この実験の分析結果を知らされたのはビルダーバーグ・クラブや三極委員会、外交問題評議会、FRBなどごく一部の支配者達だった。FRBには戦争、暗殺、火星人などがついて回るが、火星人と言うのはこの陰謀を隠すために創作されたものだ。3.11が9.11同様に仕組まれたテロの可能性も完全に否定は出来ないと考えている。