本日 344 人 - 昨日 579 人 - 累計 1389839 人

☆mFKR第一号完成☆

mFKRはiFKR-ZIPシリーズのiFKR-ZIP-AiFKR-ZIP-Proの廉価版ですがいよいよ第一号が完成しましたので日曜日にメーカーである(株)シンメトリックス社へご購入頂いたお客様と引き取りに行ってきました。


iFKR-ZIP-Aよりかなりコンパクトに感じます。
実際、ZIPの遮蔽体の外径は265m/m×265m/m×210m/mに対してmFKRは205m/m×205m/m×205m/mです。

mFKR-img.jpg

検出器はZIPと同じCsI(Tl)2×2×1インチを採用☆

遮蔽は鉛5cm+無酸素銅

鉛ブロック使用する事により極限までコストを抑えて86万円(税抜)にて販売しています。


組立は簡単です!

詳しくはmFKRをご参照下さい☆

検体量はわずか200gです!
ZIP同様に試料を両サイドから挟む形で測定します。(200g=100g×2袋)

ジップ袋のサイズは120m/m(ジップ部分下から)×幅85m/mサイズがフィットします。

従来のNaI(TI)と違いiFKR-ZIPの解析ソフトは、スペクトル分析法を採用している為に基本的にはその都度、バックグランドを測定する必要はありません。
*導入時に10時間のバックグランドを測定してそのデータを保存して下さい。
注意:BG測定の場合は途中で何も操作しないようにお願いします。
また、パソコンの設定は必ずスリープモードを無効にして電源に接続して測定を行って下さい。

コントロールパネルから大きいアイコン(L)をクリック。
1 コントロールパネル アイコン変更.jpg
クリック拡大↑
次に電源オプションをクリック。
2 コントロールパネル 電源オプション.jpg
クリック拡大↑
次にコンピーターがスリープ状態になる時間を変更をクリック。
3 コントロールパネル スリープ状態変更.jpg
クリック拡大↑
コンピューターをスリープ状態にするをなしに設定。
4 コントロールパネル スリープ状態解除.jpg
クリック拡大↑

基本操作説明(動画)




*基本的に操作はiFKR-ZIPと同じです。


たまに10時間のバックグランドを測定して最初のデータと比較して内部にコンタミ(汚染)等がない事を確認して下さい。
頻繁にBGが変わる環境では都度、バックグランドの測定をお薦め致します。

お客様のご好意によりmFKRをこちらで少しの間お預かりして実際にデータを取ってみたいと思います。
鉛遮蔽が5cmの事もありバックグランドも低くかなり期待出来ると思います。

今なら実機を見て頂く事も可能です☆

是非、この機会にご検討をお願い致します。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

お電話でのお問い合わせもお気軽に☆  ☎03-5629-6977



前の記事
次の記事