本日 186 人 - 昨日 475 人 - 累計 1484047 人

水道水とミネラルウォーター

単純ではない、水道水とミネラルウォーターの話

『水』における発ガン性物質としてはトリハロメタンが有名ですが、水質基準によって一応は規制されています。
また、水中の有毒物質としてヒ素が話題になることもありますが、こちらも規制がされています。

その一方、たとえばミネラルウォーターのヒ素含有基準値は、水道水に比べて5倍緩い基準となっています。
また、基準が緩いだけでなく、横浜市の調査で、国内で売られているミネラルウォーターの一部で、ホルムアルデヒドやアクトアルデヒド(いずれも発ガン性あり)が水道水の80倍の濃度で検出されたと言う記事もありました。(毎日新聞2003年4月20日)。

さらに、一部のミネラルウォーターから乳幼児の育成に影響を与える硝酸性窒素が検出されています。
水道水だから危険、ミネラルウォーターだから安全という単純な話でもないのです。

ただ、水道水は塩素の問題だけでなく、人体に有害なミネラルが含まれているので、人々はよく調べたうえで飲用するか決める必要があるでしょう。

水道水に含まれる有害ミネラルや放射能が気になるのであれば、水道に浄水器をつけるのがもっともコストパフォーマンスに優れたやり方でしょう。

*医者とおかんの『社会毒』研究 内海 聡著より抜粋。マンガでわかりやすく書いてあるので本が苦手な方にもお奨めです☆

内海聡.JPG

そして放射性物質を除去出来る浄水器はRO(逆浸透)方式しかありません。
セシウム、ヨウ素、ストロンチウム、ウラン系などの放射性核種は微量でも毎日摂取する事を避けるのが重要だと考えます。
心臓部分のメンブレンフィルターは米国製ダウ・ケミカル社のフィルムテックブランド除去率99%のフィルターを使用しておりますがそれでも完璧ではありません。
除去出来なかった1%をDI(イオン交換樹脂)フィルターで除去し0PPMを達成しました!
放射性物質以外にも水道水に危険は存在します。

実際に関東各地の水道水から福島第一原子力発電所事故由来のセシウムを検出
されている事を考えますとDIフィルターは関東地区にお奨め致します。

0PPMプラン


詳しくはRO浄水器をご欄下さい☆