本日 153 人 - 昨日 516 人 - 累計 1338509 人

1Bq/kg試料の定量

1Bq/kgの試料の測定を行いました。

1Bq-3-6.JPG

試料につきましては放射能測定のおける信頼出来る線源の重要性をご参照下さい。


1Bq/kgの試料は計算上、Cs-134/0.3Bq/kg、Cs-137/0.7Bq/kgです。


1Bq粉3-6-57600s.jpg
↑クリックすると拡大します。

実測値はCs-134/0.4Bq/kg、Cs-137/0.8Bq/kgと誤差の範囲内でした。

iFKR-ZIPの測定下限値はメーカー公表値で1Bq/kgになっております。

参考:(株)シンメトリックス、商品一覧

測定下限値については、各メーカーの考えで、0.5Bq/kgなど、実測値とかけはなれた数値をカタログに記載している例も多々見受けられます。

食品中の放射能スクリーニグ法で言う測定下限値は、Cs-137=662Kevのエネルギーのγ線遮蔽能力を鉛の遮蔽体と検出器の組み合わせで測定した時の能力を規定するもので、実際の試料の測定とは全く関係のない数値です。
確かにこの数値は、ある程度測定器の性能と相関があり、性能の目安にはなりますが実際の試料の測定下限値とは大きく乖離しています。
具体的には実際の試料には天然核種由来のγ線の影響、例えばK40によるコンプトン散乱などがあるのでCs-137のみの線源を測定するのとは条件が大きく異なります。

その他にも測定の地域の特性、遮蔽環境、測定の際の工夫やスキル、天候など様々な条件がからみあっておりますので必ずしもどの地域でも測定下限値が同じではありません。

今回、測定のデータの環境は室内でおおむね0.05μSv/h~0.06μSv/h台でのものです。例えばユーザー様の中には測定環境の室内がおおむね0.4μSv/hの地域で測定されてる方もいらっしゃいますが環境が違えば測定下限値も高くなります。

参考:放射能測定環境


iFKR-ZIPユーザーグループ『ZIP友の会』では地域によりバックグランドが違うので信頼のおける試料などを融通し合い、数値の信憑性をクロスチェックしております。

現在、納期は約40日程となっております。
来月から消費税が3%アップします。
今月末までの特典もご用意しておりますのでこの機会に是非、iFKR-ZIP-A
をご検討下さい。



前の記事
次の記事