本日 36 人 - 昨日 573 人 - 累計 1534366 人

iFKR-ZIP 線源によるテスト

iFKR-ZIPですが長時間測定すると数値が極端に低くなるとのご指摘を頂きましたので実際にゲルマで測定した産総研の線源で検証してみました。

線源は約18Bq/kgです。

まずは1時間の測定

Cs-All /20.1Bq/kg
Cs-134/5.5Bq/kg
Cs-137/14.6Bq/kg

19Bq.1h.8.30.jpg

19Bq.1h.8.30.bg.jpg

バックグランドとの比較

 



そして3時間の測定

Cs-All /18.2Bq/kg
Cs-134/6.4Bq/kg
Cs-137/11.9Bq/kg

19Bq.3h.8.30.jpg

19Bq.3h.8.30.bg.jpg

バックグランドとの比較

そして10時間の測定

Cs-All /18.0Bq/kg
Cs-134/5.8Bq/kg
Cs-137/12.2Bq/kg

19Bq.10h.8.31.jpg

19Bq.10h.8.31.bg.jpg

バックグランドとの比較

18Bq/kg程度の線源でほとんど差はないので1時間の測定で十分だと思います。
現在、数ベクレル程度の試料を使って1時間測定を何十回も繰り返してテストしてデータを蓄積しています。

iFKR-ZIPを更に進化させる為にメーカーの(株)シンメトリックスの野中社長は日々頑張っております。

ゲルマは分解能は高いですが感度は悪いです。
測定時間は長時間必要です。
最終的にゲルマできっちりと測った信頼出来る測定データとの比較検証がもっとも大切だと思います。