本日 317 人 - 昨日 505 人 - 累計 1534074 人

☆食の安全を考える放射線測定 2周年記念特別セール☆

平素、お世話になりありがとうございます。

おかげさまで当オンラインショップも2周年を迎える事が出来ました。

原発の事故後、2011年秋からまず食品における放射能汚染の現状を知る事が重要だと考え自身の勉強の為にも無料測定と言う事で数多くの方々のご協力を頂き測定を行ってまいりました。
これもひとえに皆様方のおかげです。
心より感謝申し上げます。

下記、対象の商品をセール期間中特別価格で販売させて頂きます。

☆セール期間2013年7月25日~8月25日

iFKR-ZIP 150万円(税抜き)→5台限定、販売価格はお問い合わせ下さい。

EL-25 32万円(税抜き)→1台限定、28万円(税込)


放射能測定検査
2013年7月25日迄がキャンペーン期間、特別価格でしたが好評の為、B.検査のみは8月25日まで延長させて頂きます。

B.一般食品検査(iFKR-ZIP)1検体 3,000円→2,500円  3検体以上、1検体につき2,000円 (検査時間1検体1時間以上)

iFKR-ZIPを開発した(株)シンメトリックス社関連記事につきまして

2012年10月26日、東京新聞、中日新聞にて取り上げられた記事と一部変更がございますので訂正させて頂きます。

中日新聞記事、全文

試料は100cc(U8容器を使用)、350万円での商品化を目指していると明記されていますがこちらはiFKR-U8/350万円の事です。

先に開発中のiFKR-ZIPは試料は320cc必要ですがコストは大幅にダウンし150万円(税抜き)です。

こちらのiFKR-ZIPは測定効率を考え開発され実際に出来上がり、測定精度は想像以上でした。
私はこのiFKR-ZIP開発中に(株)シンメトリックス社へ何十回も通い、長年の実績がある技術者でありスペクトル分析のスペシャリストでもある野中社長に有意義なお話しをお聞きし、いろいろな事を教えて頂きました。
野中社長は技術的な妥協を一切許さない方でより性能がよい部品の選択、遮蔽体の厚みの強化など、当初のコストより大幅に上がりましたが当初決めた150万円(税抜き)での販売にこだわる良心的なメーカーです。
弊社は(株)シンメトリクックス社の販売店ですが1ユーザーでもありますので毎日、使用しておりますがソフトのバージョンアップなど常に進化を続けております。

現状の具体的なスペックは1時間で測定下限値は3Bq/kg+-3Bq/kg、
10時間の測定下限値は1Bq/kg+-1Bq/kgの精度で測定が可能です。

元放射線測定業務従事者のアドバイスで実際に1時間で測定下限値の3Bq/kgまで測定が出来るの何度ものテスト検証を行ってきました。


ことセシウムの検出につきましてはゲルマニウム半導体測定器と遜色ないスペックです。
数千万円するゲルマを一台、導入するのならiFKR-ZIPは10台の測定器を買う事出来ます。
『高槻市民測定所』などにも採用されております。

iFKR-ZIPを全国に普及させ正しい測定を普及させる事こそ使命だと考えます。

お気軽にご相談下さい。