本日 559 人 - 昨日 554 人 - 累計 1598035 人

液体に含まれる放射性物質の汚染測定に関しまして

iFKR-ZIPは10時間の測定で検出下限値は1Bq/kg(検出誤差+-1ベクレル/キロ)です。
ゲルマも同じですが72時間の測定でようやく検出誤差が+-コンマ数ベクレルになります。

液体に含まれる放射性物質の汚染測定はジップ袋を2重にしてもれないようにしっかりと蓋をして測定する事も可能です。
しかし漏れのリスクを考えて弊社では液体の測定は高分子吸収剤にその測定する水分を入れゼリー状に固めて測定しています。
その高分子吸収剤自体の汚染の有無も長時間の測定で確認する必要がありますので手間はかかります。(実際に使用する高分子吸収剤は最低、10時間以上の測定をしています。)
使用する高分子吸収剤は粉状になっており水の場合は1gで180ml吸着出来ます。

6:1a.JPG

6:1b.JPG

6:1c.JPG

放射線量が少ないと思われるものは、10時間以上の精密測定をお薦めしております。
水などのテストを繰り返してきましたが200ccに対して3gあれば実際に十分です。
しかし牛乳など不純物が多い検体は同量ですと固まらず20g必要です。

6:1d.JPG

液体に含まれる汚染を10時間で測定してみました。



6:2e.JPG
6:2f.JPG

6:2g.JPG
6.2h.JPG


高分子吸収剤を使用する理由は検体を郵送して頂く際に予め検体により検査済みのものを検体に合わせた必要量を入れそれに吸着させて送って頂く事で厚みをおさえてメール便等で安く検体を輸送出来るのではないかと考えたからです。
こちらはEL25のユーザー様からのアイディアです。
ペットボトル等ですとかさばり普通の宅急便での輸送になってしまうと思います。
薄手のZIP袋を2重にして送って頂ければこちらで2つのZIP袋に入れ替える際にもより簡単に行えるメリットもあります。

更にいろいろなテストを繰り返し、より効率が良い方法を模索していきます。
ご不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。

*iFKR-ZIPはあくまでも放射線測定器で放射能汚染の数値を測定するものです。
食品・土壌・液体等に含まれる放射性物質の測定は出来ますが、当然ながらその測定値に対するコメントは出来ません。
ご了承をお願い致します。



(株)シーディークリエーションでは安心な食材や飲料をご提供する為に『越中富山うまいもの直販店』RO浄水器+イオン交換樹脂フィルターで0ppm達成!などの販売も行っております。
RO浄水器は月々3,150円からのレンタル(フィルター交換代、メンテナンス費用含む)も開始しましたのでこの機会に是非、ご検討下さい。

地域にかかわらずお気軽にお問い合わせ下さい☆