本日 284 人 - 昨日 652 人 - 累計 1368673 人

水道水調査

金町浄水場で平成25年4月5日に高度浄水施設が完成したので
水道水のテストを行ってみました。
この地域は水道管も取り替えられたので水質はかなりよくなっている筈です。

まずはTDSメーターでPPM値テストを行いました。

従来のCD-RO-CA1にイオン交換樹脂フィルターをつけてから明日で4ヶ月ですのでそちらも合わせてテストしてみました。

1)水道水 100ppm(画像:左)
2)RO水  0ppm (*イオン交換樹脂フィルター付き画像:右)


2013:5:16b.JPG2013:5:16a.JPG


そして電気分解テスト

2013:5:16c.JPG2013:5:16d.JPG

画像左:水道水、画像右:RO水

電気分解テストは人間の目には見えないものが見えてくるテストです。
不純物が多く含まれる程、水は電気を通しやすいのでその不純物を浮き上がらせます。
違いは一目瞭然です。
色により水に含まれている物質を推測します。
不純物=身体に悪いものとは限りませんが放射性物質以外にも有害物質がありますので注意が必要です。

下記は2011年の水道水の電気分解テスト後の画像です。

2011_suido.jpg

この時期はTDSメーターテストでも高い時は160ppmを超えた時が
ありましたのでかなり改善はされているようです。

電気分解後の色 溶液中イオン物質 水道水中の混入物

赤茶色:二価鉄、三価鉄 水道配管の鉄錆、鉄バクテリア
緑茶色:リン酸 農薬、洗剤、リン酸系錆剤
暗緑色:フミン質、硝酸性窒素 動植物の死骸、糞尿等の分解物質
赤緑色:亜硝酸性窒素 肥料、腐敗性細菌の存在
青緑色:銅、硫化物 銅製ジョイントの錆、化学肥料等の汚染地下水
青色 :シアン 井戸水、農薬
黒色 :鉛、マンガン、水銀 鉛管、井戸水、汚染地下水の混入
白色: カルシウム、マグネシウム 硬度成分、消石灰、
紅黄色:カドミウム、クロム 井戸水、汚染地下水の混入





前の記事
次の記事