本日 186 人 - 昨日 418 人 - 累計 1462631 人

☆東京新聞の記事☆

10月25日に東京新聞の記事にiFKRシリーズの(株)シンメトリックス社が載りましたがその記事が載った東京新聞をわざわざT様が送ってくれました。
t.10:25smtx.JPG
クリックすると拡大されます。
昨日、その(株)シンメトリックス社へお邪魔してiFKR-U8(350万予定)の等、いろいろと教えて頂きました。
iFKR-U8.JPG

iFKR-U8は持ち運べるように25kg程度になるそうですが更に精密測定用に鉛の遮蔽を厚くして据え置きタイプも出来ます。

検出器はCsIで試料も100ccで温度ドリフトも無視出来るレベルで冷蔵した試料もそのまま測定出来ますので 試料の前処理に要した時間も大幅に短縮する事が可能です。
Nalのような温度管理もいらずゲルマのような−180℃の窒素冷却も不要です。
測定効率は50%以上との事、これはNaIの3インチやゲルマニウム半導体測定器やとも比較にならない高い効率です。

ゲルマニウム半導体測定器を導入予定の方は是非、iFKR-U8をご検討下さい☆
大幅にコスト削減出来ます。

ゲルマニウム半導体検出器の測定の指針の原案を作られた高い技術力を
持った技術者がいるメーカーですのでご安心下さい。



測定器の詳細は11月20日〜22日に東京ビックサイト『産業交流展2012』出店までに発表出来るよう日夜頑張ってらっしゃるのでおおいに期待出来ます。