本日 341 人 - 昨日 505 人 - 累計 1534098 人

☆ゲルマニウム半導体精密検査に関しまして☆

☆ゲルマニウム半導体精密検査に関しまして☆
一部の測定研究所で数値表示が不正の疑いがございます。
ゲルマニウム半導体精密検査をされる場合は私見ですがこちらのユーロフィンジャパンでの検査をお薦め致します。
測定器の精度はもちろん大切ですが信頼出来る人間が測定して初めて正確な数値が出てきます。
政府の息がかかってない外国人のが信頼出来るとは情けないと思いますが現実を受け止めたいと思います。

EL25ベクレルモニターを2重の遮蔽箱に入れる事で精度が格段に上がりました。(検出限界10ベクレル程度)
そこで上記、ユーロフィンジャパンでゲルマニウム半導体で測定したものと同じ試料を使ってEL25で比較測定をしてみました。

KH-EL25img_b.jpg

試料は松戸市の土壌です。
EL25(2重遮蔽箱付き)でBG1,800秒、試料900秒で測定しました。

3回の測定でいずれも表示数値は14,600Bq/kg これにEL25を換算係数で計算すると
14,600/1.63=8,957Bq/kg

Cs134=8,957Bq/kg×0.42=3,761Bq/kg
Cs137=8,957Bq/kg×0.57=5,105Bq/kg


上記、ユーロフィンジャパンの測定値は検出限界10Bqで
Cs-134/3,530Bq/kg
Cs-137/5,550Bq/kg

matsudo_a.jpg

*上記、添付画像はデジカメ撮影したものを張り合せたので見えずらくすみません。
Cs-134とCs137の数値の比率でフクイチ事故による汚染と判断出来ます。

講習会でお預かりしている試料は測定したものを下記の報告のページにアップ致しますので今しばらくお待ち頂けますようお願い致します。↓ クリック!!

報告

KH-EL25は特別限定セール中ですので詳しくは下記をご参照下さい☆

☆EL25(遮蔽ボックス付)限定販売☆