本日 443 人 - 昨日 672 人 - 累計 1536570 人

放射能測定器 オリジナルガイガーカウンター

測定器はLND712(米国LND社製のGM管)を使った国内生産のガイガーカウンター(放射線測定器)を企画中です。

こちらのガイガー管は評価もよく数値の安定も早いように思います。検索したらガイガー管自体の寿命も50,000,000,000回だそうです。メーカーにメールで確認した方がおられます。クリック!!記事全文↓



50,000,000,000回なので、今のBG値(15cpm)程度の放射線を計数し続けたとしても、5E10/(15*60*24*365.25)=6338年の寿命があることになる。仮に今のBG値の100倍の放射線であったとしても63年である。


スペックの概略はGM管:LND712(米国製)18cps/mR/h Cs137 毎分換算 18×60=1080cpm/mR/h1mR(ミリ・レントゲン)=8.77μGy(マイクロ・グレイ)=8.77μSv(マイクロ・シーベルト)1080÷8.77=約123cpm(小数点以下切り捨て)(=1μSv/h)(セシウム137)Y μSv=X cpm・0.00812 Cs137。雲母窓の高感度なGM管で α、β、γ線の検出が可能です。
α線、β線を遮断してγ線のみの測定も可能です。カウント数、測定時間、CPM表示、μSv/hの表示が可能で単4電池2本使用またはACアダプターも使用可能です。

出来るだけ低単価で販売したいと思っております。放射線とは嫌でも長年つき合っていかなければなりませんので国産メーカーで最低一年保証は付けて保証期間後の修理等にも迅速に対応出来るアフターも万全な体制を確立したいと思っております。発売が決定しましたら概要、画像等をお知らせしたいと思います。